こんばんは。
フェスティバロ営業・企画の宿利原恵です。

本日、はるばる東京から本社にお客様がいらっしゃいました。
わが社神戸新工場の図面設計を担当されているMASDACの宮澤奈津子さんです。
宮澤さんはMASDACに入社して5年目。
フェスティバロは同社と創業以来の深いパートナーシップで結ばれており、神戸のプロジェクトにも当初から参画。
その関係で宮澤さんも設計スタッフになりました。

本日は設計の打ち合わせに来社したのですが、
宮澤さんを社内全員で拍手で迎えて花束を送りました。

それから、仕事の合間に「みなみ風」農場に案内しました。
本日は大雨でしたが、宮澤さんが農場を訪れると、雨はすっかりやみ、ハーブを摘んだりお楽しみ頂きました。


宮澤さん圧縮2


大変ご苦労おかけしていると思うのですが、
神戸新工場に寄せる宮澤さんの思いを聞かせて下さい。

メインとなる商品によって工場機械の配置や図面が変わるので、
その度に図面を書きなおす必要があります。
大人気の「ラブリー」などは、MASDACのラインで出来ているため
私はとてもラブリーに愛着があります。
神戸ではさらにおいしいケーキをつくるということで私も張り切っています。



とのこと。フェスティバロ神戸新工場の図面修正のやりとりも50回を超えているそうです…
でも「全然大丈夫ですよ!」と笑顔で答えて下さいました。

「ぜひ、こちらの工場も見学させて下さい!」
と、“まずは現場から!”という態度に非常に熱心な方という印象を受けました。

農園でも様々なことに興味をもつ宮澤さん。
社員の皆さんで芋掘りにも出かけるそうですよ。

何事にも積極的な宮澤さん。とても素敵で、頼もしい女性でした。


宮澤さんが設計される神戸新工場では、どのような商品が作られるのか…!
非常に楽しみです♪どうぞご期待してお待ち下さいませ☆



みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
blog-summer
2010.06.29 / Top↑
入るなり甘い香りが漂い、気分もトロピカルです。
なんだかわくわくドキドキ興奮してきました。
どうやらマンゴーピューレの香りのようです。

ここは、美しい大隅半島にあるフェスティバロ製菓工場!


本日は、夏限定の唐芋レアケーキ『夏マンゴー』の製造がおこなわれていました。
もうすぐ7月のギフトシーズンもピークを迎えますね。
そして、私たちの工場も全国のたくさんの人達に美味しい唐芋ケーキを
お届するためにお中元商品の追い込みに入っています!

工場というのも忘れるほどの甘い香り。
初めて入った私にとってこの甘い香りがたまらなく、
こんな甘い香りの仕事場で働けるなんて、とても幸せだな!と感じました。

丁寧な作り方にも感動しました。

絹のような舌触りを醸し出すために通常の商品とは違い、
丁寧に“裏ごし”を行っていました。だまをとるためのようです。
オーブントンネルを通ると鮮やかな色合いの夏マンゴー
「私たち、きれいでしょ!」と言わんばかりに顔を表しました。
2010629
デパートやお店で見ると華やかなイメージですが、
その裏には工場の人たちが一つ一つ丹念に仕上げた努力が積み重なっているのです。

フェスティバロみなみ風農場の生産者の方の思いと、
工場の人たちのおいしいものをお届したい思いを乗せた夏マンゴー
お中元手土産、至福の時間のおもてなしに使ってみてはいかがですか?



みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
blog-summer
2010.06.29 / Top↑
こんばんは。
フェスティバロ営業・企画の宿利原恵です。

突然ですが皆様は、
大事なデートで食べたデザートって覚えてますか?
パフェやケーキなどなど…。
きっと皆様それぞれに淡くて甘い思い出があることかと思います。

本日のお客様は、フェスティバロのあのお菓子だったみたいですよ。
さっそくご紹介しますね☆



<神奈川県 女性 M・Yさま>
0626.jpg




デートは、宇宙への串団子
結婚の挨拶はラブリー
と、人生の結婚という大事な節目の思いでの中に、フェスティバロの商品があることが嬉しいです。
本当にありがとうございます。

ラブリー宇宙への串団子は今も変わらず、鹿屋本店にございますよ。
ぜひ旦那様とご一緒にお越し下さい。
そして、ゆっくり甘い思い出に浸って下さいね♪

本日のお便り、とてもうらやましくなってしまうお話でしたね☆

それでは、また明日もお会いしましょう☆




みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
blog-summer
2010.06.26 / Top↑
こんばんは、フェスティバロみなみ風通販部の上床真理恵(うわとこまりえ)です。
雨の合間にうっすら晴れ間の覗き、唐芋たちも雫をまとってキラキラしています。
そんな大隅半島から、本日もお客様の声をご紹介します。




「唐芋、と名前がついているのですが、
 こちらは唐芋と何を使ったケーキなんですか?
 とても変っているなあ・・・・・・!と気になったものですから」

と、お客様からお電話をいただきました。

「直営農場で栽培した黄金千貫という唐芋と、
 新鮮な卵と生クリームを使用して焼き上げたレアケーキでございます。」

大隅半島の自然のぎゅっと詰まった味でございますよ!、と
ご案内をしたところ、


「私、実は鹿児島出身なんですよ。
 唐芋という名前に『おお!!』と反応してしまいました。
 実は今から食べるところなのですが、唐芋が大好きなのですごくワクワクしています♪
 まずはアイスクリームのような食べ方から試しますね!!」
 
という喜びのお言葉をいただきました。




唐芋レアケーキという名前に「おお!!」と思われた方は
多いのではないでしょうか?

鹿児島では、「唐(外国)から来た芋」という意味で、さつまいものことを唐芋といいます。
さまざまな色彩と風味を持つ芋だからこそのカラフルな味わいを是非お楽しみ下さいませ。

本日もたくさんのお電話ありがとうございます。

2010.06.26 / Top↑
こんばんは。
フェスティバロみなみ風通販部の満石早希です。

昨日は「みなみ風」農場まつりの素材を育てている
「みなみ風」農場担当の竹内優さんの熱い思いをご案内いたしました。
本日は、その素材から唐芋レアケーキを作り出す神戸支社長の郷原パティシエの想いをご紹介いたします。

            支社長1

郷原パティシエは全国の大丸フェスティバロの店長経験もある、
くしゃっとした優しい笑顔の方ですが、フェスティバロのことや、
お菓子のこと、唐芋のことなど語りだしたら止まりません。
本当に熱い思いを秘めた真面目な方です。

「みなみ風」農場まつりをはじめて作った郷原パティシエに
その誕生秘話を伺ってみたところ、
そこには、郷原パティシエの夢が詰まっていました。

「私は、お客様に素材そのものを味わってほしいのです。
フェスティバロには、多くの人が知らないような唐芋や果物が実る
「みなみ風」農場があります。ぼんたんや唐菜もその中の一つです。
誰も想像できないような素材を多くの人に知っていただくためには、
今ある素材の力を信じて、フェスティバロが持つ「みなみ風」農場から
ケーキを作り出して送り出すしかありません。
この「みなみ風」農場まつりはどれも素材そのものの素晴らしさを
お伝えしたくて出来たものなのです。」

皆様は初め、唐芋レアケーキ「ぼんたん」「ローゼル」「唐菜&まっ茶」を
手にしたとき「なんだろう?」と思われるかもしれません。
でも、それこそが味わった時の感動を大きなものにしてくれるはずです。

ぜひ、美しい大隅半島で大地の恵みを受けて育った
素材の素晴らしさを味わってみませんか。

2010.06.26 / Top↑
こんばんは。
フェスティバロ営業企画の宿利原恵です。

本日もお客様からお便りが届いております。
早速ご紹介いたします。


<兵庫県 女性 I・Sさま>
0625.jpg



“一押しよ”

ご友人はどんな方でしょうか。
お会いしてお礼申し上げたい気持です。
ご家族でおよろこび頂けて、本当にうれしく存じます。

ただいまの季節限定レアケーキは
さわやか風味の「夏マンゴー」をとりそろえております。
どうぞ、店舗へ足をお運び下さいませ。

それではまた明日お会いいたしましょう。




みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
blog-summer
2010.06.25 / Top↑
こんばんは、フェスティバロみなみ風通販部の上床真理恵(うわとこまりえ)です。

南国には珍しく、しとしとと染み込むような空模様。
雨ひとつにしても、毎日違った風景の楽しめる大隅半島から、心が軽くなるようなエピソードをご紹介します。




「今日注文をしたら、新潟県に28日に届きますか?」

とお急ぎのお客様よりお電話をいただきました。

「28日に新潟県へのお届けでございますね。可能でございます。」
とご案内すると、

「ちょうどその日は祖母の誕生日で、ラブリーをプレゼントとして渡したいけれど、
 お届けが間に合うかがとても心配だったので電話してみたんです。
 思いきってみてよかった♪」

と、はにかむような明るい声の笑顔をいただきました。




みなみ風通販部では、贈り物用として包装やメッセージカードも承っております。
「誰かに食べてもらいたい!」「こういう用途で使いたい!」という
ご要望がありましたら、ご注文の際にお問合せくださいませ。

お客様の喜びの声と、大隅半島の自然をぎゅっと込めた唐芋ケーキが
お誕生日という特別な日に寄り添えることをとても嬉しく思います。

本日もたくさんのお電話ありがとうございます。




みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
blog-summer
2010.06.25 / Top↑
こんばんは。
フェスティバロみなみ風通販部の満石早希です。

本日は、「みなみ風」農場まつりで販売している
唐芋レアケーキ「唐菜&まっ茶」「ローゼル」「ぼんたん」の
素材を育てている「みなみ風」農場担当の竹内 優さんから

みなみ風農場まつりを自信をもっておすすめします!』

とメッセージをいただきました。

22.05.25 竹内さん
以前もご紹介いたしました通り、「みなみ風」農場担当の竹内さんは、
唐芋以外にもハーブや、早春ボンタン・紅甘夏などのフルーツと、
さまざまな種類の季節の味覚を、丁寧に愛情をこめて育てています。


竹内さんが育てた唐芋やフルーツの美味しさのヒミツを教えてください。と
質問したところ、
『「みなみ風」農場では、開聞岳を望む風景や、
南国の太陽、みなみ風が唐芋やフルーツを美味しく育ててくれているんです!』
と笑顔で教えてくれました。

でも、私はそれ以外にも美味しさのヒミツがあると思いました。

竹内さんは桜島の火山灰が降る日も、大雨の日も
毎日「みなみ風」農場で唐芋やフルーツたちの成長を笑顔で手伝っています。

また、唐芋やフルーツたちの一番美味しい時期をしっている竹内さんは、
『唐芋やフルーツたちの美味しさを引き出して、
とっても美味しいお菓子にしてくれることを願っています。』
と、美味しい時期を逃すことなく、唐芋ケーキをつくっている製菓工場へ出荷します。

竹内さんは、自分が育てたボンタン唐菜をお客様には自然の味を
美味しく楽しんでいただきたいという強い思いを持っています。

その意思を製菓工場では引き継ぎ、
竹内さんが育ててくれたボンタン唐菜の美味しさをそのまま生かすように
唐芋レアケーキをつくります。

自然の中で愛情を込め、伸び伸びと育てている唐芋やフルーツは、
天気によって味や成長に違いがあり、毎年同じ味のものはできませんが、

『その年でしか味わうことのできない美味しさを
お客様に楽しんでいただけたら嬉しいな・・・』

と最後におっしゃっていました。

ぜひ、竹内さんが愛情をこめて育てた素材でつくった、
「みなみ風」農場セットを、ぜひ、お試しくださいませ。




みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
blog-summer
2010.06.25 / Top↑
こんばんは。
フェスティバロ営業・企画の宿利原恵です。

本日ご紹介するお便りのお客さまは、
フェスティバロと長~いお付き合いのある方で、
ラブリーの故郷である鹿屋に、お嫁さんとして来られた方です☆

さっそくご紹介します☆
<鹿児島県 女性 N・Hさま>
0624.jpg




鹿児島市内から鹿屋まで2時間弱の道のりです。
それを、わざわざお越し頂いていたなんて、本当に驚きました!
そしてオープンして間もない頃からお付き合い頂いているんですね。
本当にありがとうございます。

皆様のおかげで、現在鹿児島市内には4つの店舗を構えるようになりました。

鹿屋本店では、喫茶スペースでハーブティーやレアケーキを召し上がることもできますし、
カシニョール画伯をはじめとした、様々な画伯の絵もご覧いただけますよ。

ぜひ、鹿屋本店に遊びに来て下さいね♪

ではまた明日お会いいたしましょう♪




みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
blog-summer
2010.06.24 / Top↑
こんばんは、
フェスティバロみなみ風通販部の庄司さやかです。
いつも『フェスティバロの微笑み』をご覧いただき、ありがとうございます。

******************************

 フェスティバロの『南風図書館』はいま、
 アジサイの花が満開です。

220624アジサイ

******************************

梅雨に入り、歴史的といわれるほどの大雨が降りつづく大隅半島。
・・・ですが、人も植物も元気いっぱいです。

南風図書館の庭はアジサイの鮮やかな彩りに染まり、
その奥ではハイビスカス、ムクゲ、ジャカランダなど
夏の花が咲き始めています。

 22.06.24ハイビスカス
 ハイビスカス
 22.06.24ムクゲ
 ムクゲ





みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
blog-summer
2010.06.24 / Top↑
こんばんは、
フェスティバロみなみ風通販部の上床真理恵(うわとこまりえ)です。
ニュースなどで皆さまもご覧になられているかもしれませんが、
連日鹿児島は雨模様が続いております。
今、少し小降りになりましたが、窓から見える木々も頭を下げて少し寂しげです。

そんな空気を忘れてしまうようなエピソードをご紹介します。




「宇宙への串団子の賞味期限はどれくらいですか?」

と、お電話をいただきました。

「宇宙への串団子は冷蔵で5日間のご賞味となっておりますよ」
とご案内すると

「先日、可愛い見た目に魅かれて大丸心斎橋店で試食をさせていただいたんです。
 あの甘さと食感が忘れられなかったんです。

 友人の家に行くときの手土産にしたいなあ!と思ったら、
 賞味期限が気になってしまって。

 5日間あるなら、都合のいいときに食べれますし、
 今から買いに伺いますね♪」

と弾むような声の笑顔をいただきました!




「宇宙への串団子」は、三種類の唐芋が鮮やかで見て楽しく、とても愛らしいお団子です。
唐芋はその栄養バランスの高さから、NASAでも研究の進められている食材なんですよ。
いつの日か、唐芋が宇宙食として活用されることを願って、その名前がつけられています。

そんな「宇宙への串団子」が、
笑顔の隣に佇んでいる姿を思い浮かべるだけで、
私も嬉しさでいっぱいになりました♪

「宇宙への串団子」はみなみ風通販部でもご案内いたしております。
>> http://www.festivalo.co.jp/shop/index-dango.html

本日もたくさんのお電話ありがとうございます。





みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
blog-summer
2010.06.24 / Top↑
こんばんは。
フェスティバロみなみ風通販部の満石早希です。

毎日「みなみ風」農場まつりのご紹介をしておりますが、
本日はお客様から嬉しいお便りが届きましたのでご紹介いたしますね。



福岡県 U.М.様
IMG_NEW_convert_20100624192202.jpg


今回は『ローゼル』と冷酒の組み合わせを教えて頂きました。
ラブリーと焼酎は合います!」とお便りがくることもあるんです。
唐芋レアケーキは、スウィ―ツや離乳食、介護食だけでなく
お酒のお供としてもお楽しみいただいているんです。

ローゼル』のキレイなルビー色のように、ほっぺをポッと紅くして、
暑くなってきた夏の夜を、冷たい唐芋レアケーキと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

きっと、唐芋の甘さをいかした『ラブリー』と甘酸っぱい『ローゼル』の
お口で広がるハーモニーが大人の方を虜にしてしまうはずです。

        2010619ローゼル


唐芋レアケーキ『ローゼル』は、数に限りがございます。
「私もお酒と一緒に試してみたいな」と思われたお客様、
唐芋レアケーキに魅了されたいな」と思われたお客様、
 ぜひお早目にご購入下さいませ。


みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
blog-summer
2010.06.24 / Top↑
こんばんは、フェスティバロみなみ風通販部の上床真理恵(うわとこまりえ)です。
雨模様の大隅半島は、水のカーテンに包まれて
ほんのり青く光っているような幻想的な空気をまとっています。
雨の澄みきった空気の中、本日のお客様の声を紹介します。




「お中元のギフトはありますか?」

と埼玉県のお客様よりお電話をいただきました。

「ただいま夏の贈りものとして、夏マンゴーを加えた夏限定のギフトセット商品がございますよ」
 とご案内すると、

「夏マンゴー?
 マンゴーが入った唐芋レアケーキがあるんですか!?」

と驚きの声をいただきました。

「マンゴーもラブリーも大好きなのですごく気になります……!
 お中元用に、と思っていたんですが……
 自宅用にも1箱お願いできますか?」

こそっと微笑むように聞こえたお客様の笑顔の声に、
まるで秘密を分かち合うように胸がポカポカしました。




夏の太陽をぎゅっと濃縮した完熟マンゴーたっぷりの唐芋レアケーキ、
夏マンゴーは毎年ご好評いただいております、フェスティバロ自慢の商品の一つです。
さわやかな風味を是非お楽しみくださいませ。

>>夏マンゴーのご案内はこちらです♪
http://www.festivalo.co.jp/shopping/index-mango-.html


本日もたくさんのお電話ありがとうございます。
2010.06.23 / Top↑
こんばんは。
フェスティバロ営業・企画の宿利原恵です。

ここ数日、大雨が降り続く大隅半島ですが、
お客様からのお便りも毎日届いております。
本日もさっそくご紹介しますね。



<静岡県 女性 M・Tさま>
0623-1.jpg



売店へ直行!試食して即決!というお客様の
その姿が目に浮かべ、とてもうれしく感謝いたしました。
フェスティバロが空港のテナントに初めて登場した頃、
お店の前には、CA(キャビンアテンダント)さんの行列が出来ていたそうなんです!

社員とはいえ私でも、飛行機に乗り込む前に、ラブリーを買ってます。
いよいよ、出発だ!という期待感と、お土産もばっちり!という満足感で
すごくたまらない瞬間です☆

鹿児島に来られる方も、旅立たれるもどうぞ鹿児島のお土産にご利用下さいね♪




みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
blog-summer
2010.06.23 / Top↑
こんばんは。
フェスティバロみなみ風通販部の満石早希です。

これまで季節限定の唐芋レアケーキ3本セット
「みなみ風」農場セットことは、これまでその魅力をお伝えしておりますが、
このセットはお中元ギフトにもとてもお喜びいただいております。

フェスティバロ夏ギフトには毎年、完熟マンゴーを使用した
唐芋レアケーキ「夏マンゴー」を詰め合わせたギフトセットが人気ですが、
今年は初めてお目見えした「みなみ風」農場セットが、
夏マンゴー」と肩をならべるほどの人気です。

20100623-420100623-3


「夏の暑い時期…ひんやり冷たくて美味しいもの。
 身体によくて、とってもおいしいもの。
 赤ちゃんからご年配の方まで家族全員でお召しあがりいただけるもの。」
と考えると、やっぱり唐芋レアケーキになりますね。

「いつもありがとう。これからもよろしくお願いします。」
客様の感謝の気持ちを、フェスティバロが大切にお作りした
「みなみ風」農場セットにのせてお届け致します。

お熨斗などもご準備しておりますので、お気軽にご相談くださいませ。




みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
blog-summer
2010.06.23 / Top↑
こんばんは、
フェスティバロみなみ風通販部の庄司さやかです。
いつも『フェスティバロの微笑み』をご覧いただき、ありがとうございます。

早くも3回目となりましたアレンジシリーズ♪
本日は最近、婚礼菓子としても人気がある『唐菜シフォンケーキ』の
アレンジ術をご紹介いたします。
 
唐菜シフォンケーキは、
窪田さんのお母さんが大好きなケーキで、
時々、アミュプラザ店で購入してくださっていて、
夕食後にでてくるシフォンケーキを、
よくご家族でデザートに召し上がっているのだそうです。

それでは、さっそくご紹介いたします。

*************************************************************************
 
 今回は、前回までのように温めたり冷やしたりなどの作業はなく、
 そのままの状態で生クリームを添えて食べてみました。

 唐菜シフォンケーキは甘さがちょうど良いので、
 生クリームに砂糖はいれません!
 そのかわり、かくし味として、
 生クリームが泡立つ寸前に、ちょっとだけマーマレードジャムを加えるのです。

 割合としては、生クリームが9割だとしたら、
 マーマレードジャムが1割程度です。
 ただ、生クリームを泡立てるのに失敗すると、
 マーマレードジャムも上手く混ざらなくて、
 ベチャベチャとしてしまいますのでご注意ください。

 甘くなりすぎず、柑橘系の甘酸っぱい風味が味わえますよ♪

*************************************************************************

また、窪田さんのお母さんは、 
冷凍状態のシフォンケーキを薄めにカットし、
それをオーブントースターで焼き上げて、
マーガリンやバターをつけて食べたこともあるのだそうですよ。

自宅ですぐにできる簡単なアレンジですが、
これを聞いた時は発想におどろきました☆

本日ご紹介いたしました『唐菜シフォンケーキ』はこちらです。
>> http://www.festivalo.co.jp/shopping/index-karana.html 

一人暮らしの私でもチャレンジできそうなぐらいお手軽☆
休日にさっそく試してみたいです♪


みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
blog-summer
2010.06.22 / Top↑
こんばんは。
フェスティバロ営業・企画の宿利原恵です。

以前ご紹介しておりました唐芋ロンド
この唐芋ロンドは、9月より4年2ヵ月をかけて50回の唐芋料理教室を行うことになりました。
その内容を検討する会を6月20日に開きました。

この日は天文館の唐芋ワールドに、大学の先生をはじめ、唐芋料理をブログで発信している方など、
唐芋や、唐芋料理に関心の深い方にお集まり頂きました。

唐芋のこととなると、ついつい熱くなってしまう皆さん。

唐芋は、どんな料理にも使える!」
「鹿児島の郷土料理、各地域の唐芋料理を掘り起こしたい!」
「料理だけでなく、文化・伝統も残していきたい!」

昔食べた懐かしい唐芋料理から、唐芋のもつ健康パワー、そして未知なる可能性にまで話題は広がり、
その打ち合わせ会はなんと、3時間にも及びました。

唐芋と、漬物がおいしい食べ合わせって、みなさんご存知でしたか?
私はこの会で初めて知りました。
打ち合わせ会には、唐芋博士のニックネームで呼ばれている柳先生の奥様もいらっしゃっていたのですが、さすが、柳先生の奥様!
手作りの安納芋のてんぷらと、ゴーヤの漬物を用意して下さいました。
その腕前は、唐芋料理には厳しいフェスティバロ社員の中でも、大評判です!

しっとりあまい安納芋と、ちょっぴり塩気のあるつけものが、合う!
食べれば食べるほど、納得してしまいました。

実はこの唐芋ロンド、料理教室だけではなく、唐芋レシピBOOKをつくろう!という計画もあります。
この打ち合わせ会後、出版社の方とも打ち合わせを行いました。
唐芋の貯蔵方法やおいしい焼き芋のコツなど、基本からしっかりと学んで、おいしいお菓子や料理が作れる本となりそうですよ♪

皆様、どのような唐芋レシピBOOKがよろしいでしょうか?
ご期待やご意見など、どんどんお寄せ下さいね☆

今後はこのブログで、唐芋ロンドのことや、唐芋の美味しい食べ方・レシピなども、お伝えしていければと思います。
どうぞお楽しみに☆


みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
blog-summer
2010.06.22 / Top↑
こんばんは。
フェスティバロみなみ風通販部の満石早希です。

【蒸し暑い梅雨……1番のオススメ!「みなみ風」農場まつりは自社農園で
   栽培した原料を使った今年初めての特別セット商品でございます。】

みなみ風農場まつり1

本日も引き続き、栄養と愛のたっぷりつまった「みなみ風」農場まつりについてご案内いたします。

鹿児島県内のお店でも販売しておりました
「みなみ風」農場まつりは、地元の上お得意様をはじめ、
いつも『ラブリー』を購入してくださるお客様が、
「今しか楽しめない贅沢なセット!」と何度も店舗へ足を運ばれて購入されました。
また、ローゼルを召し上がられたお客様が、「これ美味しい!お友達に分けたい!」と
まとめて7箱もご購入くださったようです。

皮ごとピューレにしラブリーに重ねた、ジューシーで爽やかな唐芋レアケーキ『ぼんたん
美容と健康に最高、ラブリーローゼルの心地よい甘酸っぱさを重ねた唐芋レアケーキ『ローゼル
スウィ―ツでお野菜の栄養を補えてしまう唐芋レアケーキ『唐菜&まっ茶
この3つをセットにしました「みなみ風」農場まつりセットは、
ご贈答として特に女性のお客様にご好評いただきました。

店舗では、お客様に試食をお渡ししておりますが、
天文館フェスティバロのチーフ、上木原さんによると、
試食をお渡しする順番を『唐菜&まっ茶』・『ぼんたん』・『ローゼル』と決めていたそうです。
チーフ曰く、「これが一番お客様に美味しくお召しいただける!」とのこと。

「みなみ風」農場まつりはすべて2層になっており、五感で楽しめる唐芋レアケーキです。
試食をお召しあがりいただいたお客様も、順番に
「抹茶のお菓子よりもおいしい」「爽やかで今の時期にぴったり」「今まで食べたことのない甘酸っぱさ」と。
想像との違いに驚かれたお客様が、3本とも楽しめる「みなみ風」農場まつりをご購入されたようです。

残念ながら、「みなみ風」農場まつりの販売は本日で終了致しましたが(一部店舗を除く)、
みなみ風通販では引き続き、お客様の声にお応えいたしまして販売してまいります!!

今の時期しか味わえない、とっても珍しくとっても美味しい自社農場でお作りしている
「みなみ風」農場まつりをぜひお試しくださいませ。


みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
blog-summer



2010.06.22 / Top↑
こんばんは、フェスティバロみなみ風通販部研修生の上床真理恵です。
大隅半島は梅雨真っ只中、
雨の音に空気が澄み切っていてとても静かです。
本日も心がふわっと軽くなるようなとっておきのエピソードをご紹介します。




「ブログで太白の記事を見ました!」

とお客様からお電話をいただきました。

「唐芋の紹介を見て、太白の名前にピンときました。
 子どもの頃に食べたことがあるんですよ。
 甘くてしっとりとしたあの味を、
 今度は自分の子どもと一緒に『おいしいね♪』と言いながら
 味わいたいなあと思いました」


懐かしい子どもの頃の味と喜びいっぱいのお客様の声に、
私も嬉しさでいっぱいになりました!




幻の唐芋『太白』は、独特のしっとりした食感とあっさりした甘味が特徴の貴重な品種です。
フェスティバロでは貴重な太白を贅沢に使用して唐芋レアケーキ『太白』にいたしました♪

そんな太白を『懐かしい思い出の味』としてお届けできることをとても嬉しく思います。

今年もケーキの素材となる唐芋をお詰め合わせした「カラフル唐芋セット」を
販売するための準備が始まりました。
これからブログにてどんどん詳細をUPしていきますので、是非ご覧くださいませ。


本日もたくさんのお電話ありがとうございます。


みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
blog-summer
2010.06.22 / Top↑
こんばんは。
フェスティバロみなみ風通販部の満石早希です。

昨日までのブログで、栄養たっぷり魅力たっぷりの
季節限定・唐芋レアケーキ『唐菜』・『ローゼル』・『ぼんたん』を
ご紹介してまいりました。

霎イ蝣エ縺セ縺、繧・繝ャ繧「繧ア繝シ繧ュ_convert_20100514184127



唐芋レアケーキ『唐菜&まっ茶』・『ローゼル』・『ぼんたん』の原料は全て、
フェスティバロが一生懸命、愛情を込めてお作りしたものです。
そのため身体によくて、とってもおいしい唐芋レアケーキに大変身!

唐芋レアケーキ『唐菜&まっ茶』・『ローゼル』・『ぼんたん』をまっ白で上品な化粧箱に
お詰めした『みなみ風』農場セットを今年初めて販売することとなりました。

mother-img3.jpg


化粧箱にお詰めしているのは、唐芋レアケーキだけではないんですよ。
大隅半島に初夏の訪れを教えてくれる「みなみ風」、
さんさんと降り注ぐ太陽、大地を潤す実りの雨、
そして、フェスティバロの温かい愛情がたっぷりつまっています。

皆さまに、大隅半島の美しい大地に立っているような気分を
味わっていただけたら…とても嬉しく思います!!

「みなみ風」農場セットは、季節限定の商品となっております。
また、数に限りもございますので、ぜひお早めにお試しくださいませ。




みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
blog-summer
2010.06.21 / Top↑
こんばんは、
フェスティバロみなみ風通販部の庄司さやかです。
いつも『フェスティバロの微笑み』をご覧いただき、ありがとうございます。

昨日からスタートしましたアレンジシリーズ♪
さっそく試された方、ぜひご感想をお寄せくださいね。

さて、本日もひきつづき、
窪田さんの大好きな『西洋風唐芋』のアレンジ法をもう1つご紹介いたします。

昨日は温めて食べる方法でしたが、
本日はその反対、
『冷やして食べる西洋風唐芋』のご紹介です。

それでは、スタート♪

****************************************
  
  温めて食べるのも、そのまま食べるのも美味しい『西洋風唐芋』ですが、
  冷凍庫で冷やすとさらに美味しく食べられます。
  
  窪田さんのお父さんはアイスの会社に勤めていて、そのためか、
  家族みんな何でも冷凍してしまう習慣がついてしまっているのです。

  ある日、何気なく冷凍庫に入れた『西洋風唐芋』を食べてみると・・ビックリ!
  今までにない“新食感”を楽しむことができたのだそうです。

  どれぐらい冷やすのが一番美味しいのか、実験してみた結果はこちらです☆
    
    30分・・・あまり変化はありませんでした。
 
   1時間・・・中のクリームチーズが固まる途中でチーズタルトに近い食感。
        くせになりそうでした。

 1時間30分・・・中のクリームチーズと生地もかたまり、
         モナカアイスに近い食感でした。
         下のパイ生地もサクサクっとしています。
         窪田さんはこれが一番好きなんです☆

   2時間・・・このくらいになると、
         下のパイ生地が固くなり唐芋の味が薄れてくるみたいです。

****************************************

これからやってくる暑い夏。
ひんや~り冷たくした西洋風唐芋で、暑さを吹き飛ばしてみてはいかがでしょうか?

本日ご紹介いたしました『西洋風唐芋』のご案内はこちらです。
>> http://www.festivalo.co.jp/shop/index-haikara.html 


みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
blog-summer
2010.06.21 / Top↑
こんばんは、フェスティバロみなみ風通販部研修生の上床真理恵です。
本日もうっすら霧の立ち込める大隅半島、
囁くような雨音の中、今日も大隅半島からお客様の声をご紹介いたします。



「先日旅行先の鹿児島で空港に立ち寄ったとき、ラブリーを試食したんです」

と、お客様からお電話をいただきました。

「トロッ~ととろけてなめらかな舌触りに、びっくりしました!
 ぜひお土産に持って帰りたいと思ったんですが、
 唐芋レアケーキは冷凍なのでほかのものと一緒に送れなくて諦めたんです。
 
 でも、通販で購入できると知りまして、
 仲のいい友人にも食べさせてあげたいなあと思って!!」

お客様の嬉しそうなお声に、私も思わず胸がポカポカあたたかくなりました。




唐芋レアケーキラブリーの名前には、「可愛い」「愛らしい」のほかに、
「美味しい」という意味が含まれています。
金色のカップに包まれた、花のような可愛いお菓子、
「●●さんに食べさせたいなあ!」と誰かの笑顔が浮かぶ美味しさをお届けできるよう、
これからも精神誠意努めてまいります。

本日もたくさんのお電話ありがとうございます。


みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
blog-summer
2010.06.21 / Top↑
こんばんは。
フェスティバロ営業企画の宿利原恵です。

本日のお客様からのお便りをお届けします。
お便りは、ラブリーに関するエピソードも多いのですが、
本日は店舗で直接お客様と触れ合う、フェスティバロスタッフに嬉しいお便りが届いています♪



<鹿児島県 女性 T・Mさま>店員①

<福岡県 女性 M・fさま>
店員②



さっそく、店舗のスタッフにもこのお便り送らせて頂きました☆
わざわざ、おハガキに書いてくださるなんて、ほんと嬉しいことです!

「うっかり買ってしまいました」とのこと。スタッフにとって最高の褒め言葉です☆

このお便りを励みに、明日からも元気に頑張ってくれることでしょう!
各店舗のフェスティバロスタッフは、お客様をとびっきりの笑顔でお待ちしておりますよ!


ぜひ、店舗へ足をお運びくださいね♪

みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
blog-summer



2010.06.21 / Top↑
こんにちは、
フェスティバロみなみ風通販部 庄司さやかです。

梅雨に入り、雨が降り続いている大隅半島ですが、
今日は久しぶりに太陽が顔を出してくれました。

太陽が出ているだけで、人も植物もさらに元気いっぱいになります。
「みなみ風」農場の120品種の唐芋たちも久しぶりの太陽になんだかうれしそうです。
201006


3日前に「南風図書館」のアジサイやハイビスカスなどの
夏の花の様子をご紹介いたしましたが、
「みなみ風」農場には、もうすでに夏の花の代名詞『ひまわり』が咲いています。
2010062


ご存じの方もいらっしゃると思いますが、
フェスティバロには『ひまわり』に関係した感動の唐芋レアケーキも
季節限定で販売いたしております。

感動の唐芋レアケーキにつきましては、
ブログやメルマガにて随時ご案内いたしますので、お楽しみにお待ちくださいませ。



みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
blog-summer
2010.06.20 / Top↑
こんばんは。フェスティバロ営業・企画の蒲原はるかです。
本日は唐芋レアケーキ『ぼんたん』について、ひみつをお教えいたしましょう。

つぶつぶの食感を残した、果肉感たっぷりの唐芋レアケーキ『ぼんたん』。
みなさま、もう今年の『ぼんたん』はお召し上がり頂けましたでしょうか?
ぼんたん
毎年初夏に登場するこちらのレアケーキは、当社の自慢の一品。
なぜなら唐芋レアケーキ『ぼんたん』に使われているぼんたんは、
すべて直営の「みなみ風」農場で採れたものだからです。

フェスティバロ社の「みなみ風」農場は、もともとは当時80歳のおじいさんが所有しており、
手入れまでおひとりでされていました。
しかしご高齢のため手入れが出来なくなり、当社に農園を譲ってくださることに。
おじいさんが大事にしていた農園は、様々な種類の花やフルーツが栽培されており、
なかでも野生化して力強く育っていた「ぼんたん」たちは、我が社の宝物になりました。

その「ぼんたん」は、現在も農園部の竹内優が1個1個大切に、ほぼ無農薬で栽培しています。
毎年3500個も実るぼんたんは、2~3月頃に収穫して、熟成させるため、しばらくの間貯蔵庫します。
そして、皮も身も全部炊き込んだオリジナルのピューレをつくるのです。

夏向きでさわやか。
くせになる独特のほろ苦さは、「本物のぼんたん」を使っている証拠です。

みなさまも是非、今しか味わえない期間限定唐芋レアケーキ、『ぼんたん』をお楽しみ下さい。



みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
blog-summer
2010.06.20 / Top↑
こんばんは。
フェスティバロみなみ風通販部の満石早希です。

本日ご案内いたします『ぼんたん』には、
フェスティバロの…大隅の…愛がたくさんつまっております。
そのせいか、『ぼんたん』の葉はハートの形をしているんです。

         ぼんたん①
     
蒲原さんのブログでご紹介している通り、フェスティバロの「ぼんたん」の木は、
おじいちゃんと長い年月を共にしてきたので、歳をとりおじいちゃんになっています。。
できるだけ無農薬栽培を目指す竹内さんは、
肥料の種類を変えたり…日当たりをよくしたり…大切に愛情をこめて接しています。

ぼんたん」は霜のおりない暖かな気候が適しているため、
南九州に住む私達には大変馴染みがあります。
大隅半島にも霜はおりますが、「ぼんたん」を育てている、
リゾート農場は海岸を望める高台にあるため、霜がおりないんです。
おいしい「ぼんたん」を育てるには最適な場所です。

ぼんたん」の黄色く色づいた皮は、近づくと爽やかな甘い香りがします。
今年の2月には中国や韓国のお客様に「ぼんたん」狩りをしていただきました。
とっても好評で、喜んでいただきました。

今年もすでに『ぼんたん』は、小さな実をつけています。


        ぼんたん②
                 1週間前に撮った写真です。

これからどんどん膨らみ、黄色い大きな『ぼんたん』に育っていきます。


『来年2月早春に「ぼんたん」狩りに大隅半島までぜひお越し下さいませ。』

2010.06.20 / Top↑
こんばんは、
フェスティバロみなみ風通販部の庄司さやかです。
いつも『フェスティバロの微笑み』をご覧いただき、ありがとうございます。

鹿児島中央駅フレスタ店に勤務する窪田知佳さんは、
鹿児島女子高校を卒業して、今年の4月にフェスティバロに入社しました。
高校時代はソフトボール部に入部し、
その腕前は、海外にも遠征に行くほどの全国レベルの選手です。

その一方、自宅ではケーキなどの商品開発の仕事をしている
お母さんのマネをして、
フェスティバロのお菓子をもっと美味しく食べられるアレンジ法を
家族全員で研究しているのだそうです。

今日から窪田さんにかわって、
私庄司さやかが、そのアレンジ法をご紹介していきますね。

ご家庭でも楽しめる簡単アレンジ♪
第1回目の今日は、焼き菓子の『西洋風唐芋(ハイカライモ)』です。

**************************************
 
 まず窪田さんがチャレンジしたのは、
 西洋風唐芋をレンジで温めて食べる方法。
 
 なぜ温めたのかというと・・
 以前、社長から『西洋風唐芋は焼きたてが美味しいんだよ!』と
 聞いたことを思い出し、
 その“焼きたて”を再現するために、レンジでチンしてしまおう!と思ったのです。

 (窪田さん)
 『そのまま食べても、もちろん美味しいのですが、
  ふわっと軽くラップをかけて温めると、
  パイ生地がしっとりとして、中に挟んであるクリームチーズの香りも強くなります。
  下にキッチンペーパーを敷けば、もっと美味しくできましたよ。

  さらに、レンジで温める前に、パイ生地の裏に『ハチミツ』をぬると、
  また一味ちがった風味を楽しめました♪
  チーズとハチミツが合うということは母から聞いていたので、
  その通り、抜群の相性でした。
  そして、私はその上にバニラアイスを添えて食べるのが一番好きです☆』

**************************************

焼き菓子の中ではダントツの人気を誇る『西洋風唐芋』
JALの機内菓子に搭載されたこともあるのですよ。

西洋風唐芋のご案内はこちらでございます。
>> http://www.festivalo.co.jp/shop/index-haikara.html

たまにはこうしてリッチなアレンジをしてみるのも楽しいですね☆
ぜひお試しください♪ 



みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
2010フェスティバロ夏のギフト
2010.06.20 / Top↑
こんばんは、フェスティバロみなみ風通販部の上床真理恵です。
本日は父の日ですね。
私も父へのプレゼントをこっそりと準備したので、これから届けに行ってきます。
皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

雨模様の日の澄んだ空気にリボンをかけて、
本日もとっておきのエピソードを紹介させていただきます。



  あるお客様より、

 『いただきものでラブリーを食べてみたらビックリ!
  こんなに美味しいお菓子があるんだ~と思って、
  一緒に入っていたパンフレットを見てみたら、
  なんと空港にもあるではないですか!
  それを知ったら、なんだか嬉しくなって電話しました!』

  とお電話をいただきました。

  さらにお話しを伺ってみると、
  これから福岡空港に向かわれるとのことで、
 『なんとしても家族に食べさせてあげたい!』とのことでした。

  福岡空港でしたら、さまざまな唐芋ケーキを販売しておりますよと
  ご案内すると、

 『でも、こんなに美味しいケーキなら、
  じっくり商品を選びたいから、家で家族とも相談して決めます。
  また後日通販で注文させていただきますね!!
  東京限定や北海道限定も美味しそう♪』
 
  そのお言葉に感謝の気持ちがこみ上げて、
  思わず舞いあがってしまいそうでした♪



みなみ風通販部には、こうした感動のお電話が
本当に有り難いことに毎日寄せられてきます。

本日もたくさんのお電話を有難うございます。




みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
2010フェスティバロ夏のギフト
2010.06.20 / Top↑
こんばんは。
フェスティバロ営業・企画の宿利原恵です。

お中元が近づいてますが、
皆様に届く懐かしい味って何でしょうか?

ダンボール箱いっぱいに、
新鮮な食材を届けてくれる方もいらっしゃいますよね!

本日のお客様のもとには、唐芋を届けてくれた方がいらっしゃったようです。


<福岡県 女性 H・Tさま>0617.jpg



私も、亡き祖母がふかふかに蒸してくれた唐芋を思い出しました。
もう食べることはできないけれど、思い出すあの味…
塩見をちょぴり効かせるのが、祖母流でした。

これからもラブリーで、胸にしみる味を、あの方を思い出して下さいね。

皆様も思い出される方がいっらしゃったのではないでしょうか?
それではまた明日、お会いいたしましょう。






みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
2010フェスティバロ夏のギフト
2010.06.20 / Top↑
こんばんは。フェスティバロ営業・企画の蒲原はるかです。
今回は唐芋レアケーキ『ローゼル』についてお話させて頂きます。

2010619ローゼル


ローゼル」。
なんだか聞き慣れない名前ですね。

実は「ローゼル」とは、ハイビスカスのハーブなのです。
フェスティバロ社長がローゼルを知ったきっかけは、
東京世田谷にあるハーブ会社の社長さんとの縁でした。
「ハイビスカスのハーブとは珍しい」と、
社長はクレオパトラが愛用したともいわれるこのハーブを、レアケーキにしてみることに。

ほどよい酸味が特徴の「ローゼル」を甘い唐芋と組み合わせると、
ふたつの味が絶妙に調和した、独特のレアケーキが誕生しました。
見た目にも、唐芋の黄色と「ローゼル」の鮮やかな赤色のコントラストがとっても綺麗。


甘酸っぱくて、やさしく甘い唐芋レアケーキ『ローゼル』。
パッケージも「独特なレアケーキだから、デザインも工夫した」そうです。
ピンク色の箱に白いお花をあしらった可愛らしいたたずまいは、手土産にぴったりですよ。

20100619ローゼル箱


さて、次回はJALUX社長も喜ばれたお味、唐芋レアケーキ『ぼんたん』についてです。
お楽しみに。





みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
2010フェスティバロ夏のギフト
2010.06.19 / Top↑
現在の閲覧者数: