こんばんは、
フェスティバロみなみ風通販部の庄司です。

ただいま販売中の「みなみ風」農場セット、
おかげさまで、
皆さまより大変ご好評いただいております。

farm-blogimg.jpg
■若夏限定 「みなみ風」農場セット

このケーキの素材はすべて
フェスティバロ直営「みなみ風」農場のものです。

自然のまんまに育てた唐芋やボンタン、
ハイビスカス・ローゼルなどを生かした3アイテム。

それも無添加でケーキにしました。
新鮮でカラダに良くて美味しい。

しかも、ワンセットにこの3アイテムが入っています。

フェスティバロがこの季節だけにお届けする
特別なサービス商品です。

見た目も鮮やかで、
少し暑さを感じるこの季節に、
爽やかな美味しさを楽しむことができます。

数に限りがございますが、
皆さまからの嬉しい声におこたえして、
特別に追加製造が行われました。

3アイテムをいっせいに創作するため、
準備も手間も通常の倍かかってしまうのですが、
決められた時間のなかで良い商品を完成させるため、
ひとつひとつの作業を
スムーズかつ正確に進めることが一番のポイントなのです!

生地を混ぜる順番、
カップにしぼる順番、
オーブンでレアに焼き上げる順番・・

工場で働く男性社員やパートさん達など、
大勢のスタッフが一丸となって、
1個1個丁寧に、
美味しく仕上げています♪

工場のパートさんにお話を伺ってみると、
『 作るのは大変だけど、
  今回は3色のケーキがとっても鮮やかでキレイなので、
  お客様に食べてもらえるのが楽しみです! 』と、
なんだか嬉しそうな様子でした。

作り手の方々がこんな風に想ってくれると、
私もなんだか心が晴れやかになります。

本格的な夏を迎える前の梅雨のシーズン、
気分的にも落ち着かなくなりますよね。

そんな気分を
スッキリと爽快にしてくれるナチュラルスイーツ。

仕事や家事の合間など、
ホッと一息つくひとときに・・
まだお召し上がりされていない方は
ぜひお早めにお楽しみくださいませ★



◆南風レアケーキ「みなみ風」農場セットはこちら
 >> http://www.festivalo.co.jp/shopping/index.html


2011.05.28 / Top↑
こんばんは、
フェスティバロみなみ風通販部の庄司さやかです。

5月28日は5月最後となる
工場見学のお客様がいらっしゃいました。

鹿児島県志布志市有明町の
伊崎田保育園の子供達55名です。


伊崎田保育園


どしゃ降りの雨にも負けないぐらい、
明るくてパワフルな子供達でした。

プレゼントした西洋風唐芋を
『 レッツイート! 』の掛け声で試食すると、
『 おいし~い!! 』とニッコリ♪

さらに窓越しに見えるトンネルオーブンからは、
ちょうど西洋風唐芋が出来上がったところで、
思わず『 ぼくなら10個食べれるよ~!! 』と
大はしゃぎしていました!

この日は終始、
室内での見学でしたが、
最後には全員から、
『 ありがとうございました!! 』と、
地響きが起こるほどの大きな声で挨拶をもらって、
ちょっぴり感動してしまいました★

伊崎田保育園の皆さん、
ぜひまた遊びに来てくださいね!







2011.05.28 / Top↑
こんばんは、
フェスティバロみなみ風通販部の庄司です。

はやいもので、
5月もあと少しで終わりですね。

今月は行楽シーズンということもあり、
こちらフェスティバロ本社にも、
遠足や社会科見学で
たくさんの小学生がやってきました。

今月だけで7校の小学校、
およそ300名もの小学生に出会う事ができました。

そして今日やってきてくれたのは、
鹿児島県大崎町立 菱田(ひしだ)小学校の1年生から4年生、
54名の生徒さん達です。

菱田小学校

「はい!ラブリー」の合図で記念撮影。

菱田小学校

製菓工場2階の見学室では、
プロジェクターで唐芋のことや
唐芋ケーキの製造について勉強しました。

雨風にも負けず元気いっぱいでした。
今日は本当にありがとうございました!

またいつか今日のことを、思いだしてくださいね♪




2011.05.25 / Top↑
こんばんは、
フェスティバロみなみ風通販部の庄司さやかです。

昨日に続き、
本日も小学生たちが工場見学に来てくれました。

まず豪華な大型バス2台で訪れたのは、
今年で3年目となる
西原台小学校3年生の90名の生徒さん達。

西原台小学校
西原台小学校

元気いっぱいで、
挨拶もしっかりとしてくれました。

唐芋ケーキの説明では、
「唐芋」がいろいろな形のケーキに
生まれ変わっていることにビックリして、
「おぉ~!!」と一瞬どよめきがおこりました。

そして次にやってきたのは、
持留小学校の1年~4年生までの18名の生徒さん達。

持留小学校

とても勉強熱心な印象で、
学習帳を手から離さず、
一生懸命メモをとっていました。

質問も予定時間を過ぎるほど、
たくさんの質問が出て、
1つ答えるごとに、
新しい質問がどんどん飛び交ってきました。

西原台小学校と持留小学校の皆さん、
どうもありがとうございました!

今度は5月25日に60名の小学生がやってくる予定です。
一体どんな子供達なのか、今からワクワクしています♪


2011.05.20 / Top↑
こんばんは、
フェスティバロみなみ風通販部の庄司です。

今日はフェスティバロ本社に、
約100名の小学生が見学にやって来ました。

ご見学の案内は、
私、庄司が担当いたしております。

志布志小学校
▲志布志小学校の皆さん

1
▲鹿屋養護学校 中等部の皆さん

浜田小学校
▲浜田小学校の皆さん


今回も私庄司が案内を務め、
たくさんの子供達に
「唐芋」の魅力をたっぷりと伝えてきました!

なかでも印象的だったのは、
やはり150品種の唐芋が植えられている見本農場。

それまでは、
ちょっぴり遠慮ぎみな子供たちでしたが、
150種の見本園を見るなり、
「うっわぁ~!!すご~い!!」と、
目をまぁるくして、
感激の声をあげて走り寄っていきました。
これには、つい私も一緒に喜んでしまいました。

その後は見学室から工場内を見学。
唐芋のお勉強をして、
最後に焼き菓子の西洋風唐芋をプレゼントすると、
「ありがとう!」と、
満面の笑みで帰っていきました。

今日来てくださいました皆さん、
機会がありましたら、
ぜひまた来てくださいね。

「みなみ風」農場では、
先日苗の植え付けが行われて、
これから秋に向けて
本格的な栽培がはじまり、
見学にもピッタリなシーズンになります。

学校や地域の集まりなどで、
社会見学をお考えでしたら、
ぜひフェスティバロへお越しくださいませ。

私庄司もたくさんの方々へ
もっと「唐芋」の魅力を伝えていきたいと思います。


2011.05.19 / Top↑
こんばんは、
フェスティバロみなみ風通販部の庄司です。

皆さま、お待たせいたしました!
フェスティバロの唐芋ケーキの故郷となる
直営「みなみ風」農場では、
つい先ほど、今年の唐芋の「植え付け祭」が行われました。



フェスティバロ本社の社員をはじめ、
工場のパートさん達、
また、鹿児島市の唐芋ワールドからも
唐芋博士の柳先生が駆けつけて、
約60名がこの日のために集まりました。

今回は「べにはるか」や
「ひめあやか」などの新しい品種のほか、
明治時代から伝わるといわれる幻の唐芋「太白」などをいれた9種類、
全部で3,000本の苗を植えつけました。

開会式では柳先生から、

「 今年は震災の影響があり、
  東北や関東のあちこちでは、作物の栽培が制限されている。

  私達はその分、本当に魂を込めて栽培していかなければならない。 」

とお話し下さいました。

そして、農園部の竹内優さんから、
正しい植え付けの方法を教わったら、
各品種ごとのグループに分かれて、
植え付けがスタート!



単に植え付けといっても作業は大変なもので、
役割分担が大切なんです!

穴を開ける人、
苗を差し込む人、
水をかける人、
土をかぶせる人・・

各グループとも抜群のチームワークで、
いつのまにか畑いっぱいに苗が植えつけられました。
 


ちなみに私庄司は「太白」を植えました。
「おいしくなァ~れ!」と、
精一杯願いを込めてきましたよ♪

唐芋の植え付けが終わった後は、
阪神淡路大震災の復興運動の一部となる
「はるかのひまわり」の種まきも行われて、
すべての植え付けが終わったあとは、
みんなでお弁当を食べたり、
スイカ割りをして、
楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。



みんなで心をひとつにして植えた唐芋、
これから梅雨がきたり、
暑い夏がやってきますが、
きっとたくましくて立派な唐芋へと
成長してくれることでしょう。

私は毎年この植え付けに参加していますが、
みんなの想いがあるからこそ、
美味しい唐芋が出来るのではないかなァと、
今日もまたしみじみ感じてしまいました。

秋の収穫までの間、
成長の様子は定期的にお知らせしてまいりますので、
ぜひ楽しみにしていてください★


 
2011.05.14 / Top↑
こんばんは、
フェスティバロみなみ風通販部の庄司です。

初夏のあたたかさを感じるようになってきて、
野外へのお出掛けが楽しい季節になりましたね!

さて、私はこの春から
小学生などの見学者の案内係をすることになり、
まず初仕事として大隅半島最南端の
大泊小学校のみなさまをお迎えしました。


工場見学

見学されたのは
生徒は1年生~6年生まで、
各学年1名ずつの6名。
とても可愛らしくて、元気いっぱいの子供たちでした。

「みなみ風」本社農場では、
150品種の唐芋畑を見て『 おぉ~!! 』と大喜び!
先生達もたくさんの品種に驚きの様子でした。

また、葉や茎を食す
野菜用の唐芋「唐菜(からな)」の見学では、
『 どうやって食べるんですか? 』と、
とても興味津々のようでした。

その後、製菓工場2階の見学室では、
唐芋ケーキの製造を見学。

今日は唐芋レアケーキ「ラブリー」と、
「紅はやとケーキ」が製造されており、
『 おいしそう~、いい匂いがする~! 』と、
窓ごしに見える唐芋ケーキを、
キラキラとした目で眺めていました。

質問コーナーでは、
先生達と一緒に考えた質問を1人ずつ発表したり、
見学をしていくなかで感じたことなどの質問で、
たくさんの挙手があがりました。

最後には、
生徒さん達からお礼の挨拶をもらい記念撮影。
ほんの少しでの時間でしたが、
私自身もとても楽しい時間を過ごすことができました。

このような見学を通して、
今後もたくさんの子供たちに、
唐芋のもつ夢や希望を伝えていきたいと思います。






2011.05.06 / Top↑
こんばんは、
フェスティバロみなみ風通販部の上床まりえです。

本日から「みなみ風」通販部にて
「みなみ風」農場セット販売開始いたしました!!

今年の「みなみ風」農場セットは
一つのお箱に3種類の南風レアケーキを
お詰め合わせしたアソートセットです。

farm-blogimg.jpg


一番人気のラブリーをベースに、
ミカンの王様といわれる「ボンタン」を
ピューレにして2層に重ねました。
ボンタンはもちろん「みなみ風」農場で
収穫したものです。

ハーブの貴婦人・ハイビスカスローゼルの
爽やかな風味をラブリーに重層した「ローゼル」。
これも「みなみ風」農場産です。

そして、「みなみ風」農場の誇る新品種の夏野菜「唐菜」。
これは、茎と葉を食す野菜用の唐芋です。
「唐菜&まっ茶」はこの唐菜と宇治の抹茶を
ミックスした唐芋レアケーキです。

いつもの「ラブリー」を今だけのコラボレーションで
お楽しみいただけます。

私も、先日試食させていただいたのですが、
昨年度よりもなめらかな舌触りに「あっ」と声をあげてしまいました。
「ぼんたん」の甘酸っぱい爽やかな風味、「ローゼル」のハーブ特有の清涼感、
「唐菜&まっ茶」のヘルシーな甘さと3つの異なる味を
楽しむことができることが嬉しくて、ついつい口に運んでしまいました。
特に今年のぼんたんの実は皮が薄く、
よりなめらかな舌触りと楽しむことができると
ベテランパティシエのイチオシのケーキです♪

5月はゴールデンウィークなどのおでかけシーズン。
「みなみ風」通販部では、
皆様がより充実したゴールデンウィークをお過ごしできますように、
どこよりも早く本日からスタート♪
ご注文いただいてすぐにお手元にお届けします。

帰省先など大勢が集まるシーンで、
ひんやりなめらかな唐芋ケーキをお楽しみくださいませ☆

>>「みなみ風」農場セットはこちら
http://www.festivalo.co.jp/shopping/farm.html
2011.05.01 / Top↑
現在の閲覧者数: