FC2ブログ

皆様、こんにちは!!
天文館店の池マリナです。

本日より、鹿児島の書店にて
『逃げ水の七郎太』が販売されます(^O^)!!

『逃げ水の七郎太』は、フェスティバロの社長、郷原が
三沢明郎のペンネームで書いたもので、
2011年秋にフェスティバロの南風図書館から出版。
そしてこの度、幻冬舎さんと再編集し、
新しい小説として出版致します。

『逃げ水の七郎太』は、江戸時代の中頃に起こった
大隅半島からのなだれを打つような百姓の逃散という
出来事をもとにしており、
その何百人もの百姓を先導するのが謎の侍、七郎太です。

七郎太はなぜ、百姓たちを自分たちの住む土地から
逃げさせるのか。
百姓たちが逃げた先に、平穏はあるのか・・・。

七郎太の仲間には、みなしごのおりんや復讐に燃える半助、
心から七郎太を信頼し、百姓逃散のたびに駆けつける片岡。
さまざまな想いを抱えたものたちが七郎太とともに、
強く残虐な兵児二才を相手に闘います。

大隅半島の自然を舞台にした、歴史小説。
ぜひ皆様ご覧下さいませ!!
ブックカフェみなみ風でも販売いたしております。

○『逃げ水の七郎太』
  (三沢明郎 幻冬舎) 1800円+税
カバー_逃げ水の七郎太

皆様の感想もお待ち致しておりますヽ(*´∀`)ノ
2015.01.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://festivalo.blog15.fc2.com/tb.php/1230-f2adec34
現在の閲覧者数: