fc2ブログ

こんばんは。
フェスティバロみなみ風通販部の満石早希です。

昨日まで、フェスティバロが一生懸命育てている
120種類の唐芋のヒミツをご案内して参りましたが、
いよいよ今日が最終日です。

名残惜しいですが、
どうぞ最後のヒミツをお楽しみくださいね。

日本の自給率は先進国でも類をみないほど低いものです。

食べ物が日本から消えてしまったら困りますよね。
食べることが大好きな私には大問題です。

昔…昔……日本では大飢饉が起きたそうです。
それにもかかわらず、鹿児島の人はだれ一人飢えで死ぬことはなかったそうな。
その理由は天候異常にも強い唐芋があったからです。

凄い話ですよね!!唐芋が私たちの命を救ってくれたのです。

いつの日か迎えるかもしれない食料危機に備えて
120種類もの唐芋をそだてているのです。

120種類もの唐芋があれば、どんなことが起きても、
その土地にあった唐芋がすくすくと育ってくれるはずです。

そして、たくさんの唐芋の食べ方を知っていれば、
毎日、唐芋を食べても飽きることはありませんよね。

私たちは120種類もの唐芋を守り育てて、さらに品種を増やし、
次の世代へと引き継いでいきたいと希望しています。

これでどうして120種類もの唐芋を育てているのか…
その秘密のお話は終わりです。

皆さまありがとうございました。
明日から、120種類もの唐芋を集めたお話や
唐芋を育てている竹内さんのお話をしていきますので、
どうぞお楽しみにお待ちくださいませ。
2010.06.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://festivalo.blog15.fc2.com/tb.php/126-8a0580e0
現在の閲覧者数: