こんにちは。
みなみ風通販部の梅木です。

少しずつ朝晩が涼しくなり、秋の気配を感じてまいりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

今年もいよいよ掘りたての新芋から作る「ラブリー・リンドヌーヴォー」が10/4全店いっせいに解禁となります。

年に一度しかない【ラブリーヌーヴォー】、
先日私は、原料となる唐芋黄金千貫を栽培している指宿の松下農場へ唐芋の様子を見学に行ってまいりました。
山川2

薩摩半島の最南端・指宿市山川町にある松下農場。
「薩摩富士」と呼ばれる開門岳の麓に、
唐芋畑が一面に広がっています。

この一帯は、火山灰が降り積もってできた地層で水はけが良く、
唐芋栽培に適した場所として有名なのだとか。

松下さんご一家は代々続く唐芋農家さんです。
松下さんが季節の動きを細やかに見極めながら心を込めて栽培した唐芋は、
風味ゆたかで真夏の太陽の恵みがたっぷり溶け込んでいます!

3_20170909084011ab5.jpg

千歳ちゃん(6歳)、宗達くん(4歳)。
2年前はこんなに小さかったのに、子供の成長は早いですね!
6_20170909090820202.jpg

大きな唐芋をもってかわいくポーズしてくれました!
5_20170909085810d38.jpg

レポート当日は、あいにくの雨でした。
そこで、収穫した唐芋が一時保管される貯蔵庫へ。
おとずれた先には、大きな袋がごろごろ!
こちらが収穫したばかりの唐芋です。

4_20170909084544182.jpg

気になる唐芋の出来はどうなのかというと・・・
いつもより収穫量が多く大豊作とのこと!
今年は、台風の接近が少なく降水量が少なかったおかげで、唐芋も大きく育ち、
芋の味がぎゅっと締まった美味しい唐芋ができたそうです♪

6_201709090859331a5.jpg

収穫されたばかりの唐芋を試しに手にとってみると、
ずっしりと重くて、大きさにビックリ!
こちらの唐芋で創られた今年のヌーヴォー、
新芋ならではのフレッシュな美味しさは、ヌーヴォーでしか味わえない特別なもの♪

早く「ラブリー・ヌーヴォー」を食べたいなぁと、とてもワクワクしています!

ホームページも近日公開いたします。
ヌーヴォー解禁をどうぞお楽しみに!

【 フェスティバロみなみ風通販部 】
■メール festivalo@festivalo.co.jp
■フリーダイヤル 0120-75-9320(受付時間9時~18時まで)
■ホームページ http://www.festivalo.co.jp/
2017.09.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://festivalo.blog15.fc2.com/tb.php/1413-0fffe5f0
現在の閲覧者数: