FC2ブログ

フェスティバロ本社で働く瀬貫ひとみ部長は、
若い頃から地元の活性化を図るため、地元青年団などで活躍していました。

20100616.瀬貫部長

フェスティバロはその青年団活動を支援していましたので、
フェスティバロと瀬貫部長の関わりはその頃から始まっています。

結婚の相手は青年団長で、青年団の活動がそのまま家庭に引き継がれました。

そして、いつもまにかフェスティバロの仕事を手伝うようになり、
今日まで15年間に渡って、いろいろな仕事で頑張ってきました。
いわば、フェスティバロのいきじびきといわれる人です。

では、瀬貫部長に話を伺ってみましょう。

【1】フェスティバロの歴史の中で、一番感動的だったことは何ですか?

  〈瀬貫部長〉
   フェスティバロの20周年を迎えるにあたり、
   フェスティバロの歌のCDも発売され、記念といたしましてコンサートを開きました。
   いつもご愛顧いただいております目元のお得意様、
   またフェスティバロとお付き合いのある取引業者の方も全国からお集まりいただき、
   また社員でチケットを販売いたし、
   地元の文化ホール等を2000人で満杯にすることができました。
   
   その際、私は司会を担当し、フェスティバロをご紹介させて頂きました。
   大きな舞台でフェスティバロを紹介するにあたり、
   これまでお世話になったJALUX様や
   全国から駆け付けて下さった業者の方々、
   また全国各地で頑張っている社員を紹介いたしました。

   とくにJALUXの加藤常務が
   「フェスティバロは大都会で大ブームを呼んでおり、
    地元に若者たちの職場を作り出すことに成功しました。
    そのお手伝いをJALUXもできて、とても満足しています。」と挨拶されると、
    会場の皆様からは、われんばかりの歓声と拍手をいただきました。

   私もうれしくなり、華やかなステージで、『演じきった』という
   達成感を味わうことができました。
   コンサートを開くにあたり、
   一緒に取り組んできた女性社員の子が、『鳥肌がたちました!』と
   話してくれたことは今でも覚えています。

   歌は人の心と心をつなぐ絆。
   また是非記念公演が開催できる事を楽しみにしております。

【2】現在は主にどういう仕事を行っていますか?

  〈瀬貫部長〉
   現在は営業本部の担当ということで、
   主に県内にあるお店の管理を任されています。

   毎日各店舗とは連絡をとり、
   その時のお店の状況や何か困ったことがないかなどを話し、
   いつもお店がスムーズに販売をできるよう努めております。

   また、各ホテルからの婚礼菓子の注文なども担当しております。
   ブライダルフェアなどがある場合には、直接ホテルまで行き、
   ケーキのご紹介をしております。

【3】瀬貫部長を社長にした社内の女性7名で、
   (株)みなみ風ハーブ苑を設立されましたが、それを含めて将来の夢を聞かせてください。


  〈瀬貫部長〉
   鹿屋にはバラ園がありますが、
   今までのハーブ農場をさらに充実させてハーブレストランなどを建設して、
   海の見える丘の上に花とロマンあふれるハーブ苑をつくりたいと思っております。

   色とりどりのハーブをそろえた遊歩道、
   お客様が楽しく自分で摘んだハーブでそのままお茶を淹れられる、
   それも海の見えるウッドデッキスペースで健康でやすらぎを求める現代社会の人達に、
   心と身体をリフレッシュしてもらうためのリゾート地を作りたいと思っております。
2010.06.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://festivalo.blog15.fc2.com/tb.php/149-ef87614c
現在の閲覧者数: