fc2ブログ

こんばんは。フェスティバロ営業・企画の蒲原はるかです。
本日は落ち着いた若葉色が特徴の唐芋レアケーキ『唐菜&まっ茶』についてご紹介いたします。

20100618


みなさんは『唐菜&まっ茶』と聞いて、何か疑問に思われることはございませんか?
きっと多くの方が、「まっ茶は知っているけど、唐菜って一体なに?」と、
唐菜という作物の正体を気にされていることでしょう。

唐菜とは、正真正銘唐芋の一種で、茎と葉を食べるタイプの珍しいお芋です。
(唐菜については、満石さんが詳しくご案内いたします。)

フェスティバロではこの唐菜を開発元から譲り受け、
クラスター事業(用途開発)として美味しい食べ方を模索しています。

5~6年前からシェフや大学教授らとともに唐菜料理を研究開発し、
様々なメニューを開発してきましたが、「ケーキにするのが一番!」ということで
唐菜ケーキを開発することに。

ところが、唐菜をパウダーにして使おうとしたところ、
色・風味・味で本来の唐菜の魅力を発揮しきれませんでした。
そこで、悩んだ末にある技法をあみだし、本格的な製造に向けて加工工場を準備。
独自の技法で加工された唐菜は、美味しさを保ちつつ色鮮やかです。
そんな唐菜にまっ茶を融合させて香りをさらに豊かにすることで、唐芋との相性がアップ。
見事、唐芋レアケーキ『唐菜&まっ茶』は「ラブリー」シリーズの仲間入りを果たしたのです。

現在フェスティバロ社では、唐芋レアケーキ以外にも唐菜を使用したシフォンケーキをつくっています。
こちらは結婚式の引き出物などに大人気。
栄養価の高い唐菜は、ジュースやサプリメントや料理など、
これからますます目が離せないお野菜です。

6月のじめじめした空気を吹き飛ばすような、さわやかなお味の『唐菜&まっ茶』。
みなさんも是非お召し上がり下さい。
次回はクレオパトラも愛したハーブ、ローゼルでつくったレアケーキについてお知らせしますよ。
お楽しみに!




みなみ風通販部だけの特別限定ギフトセットもご用意しております。
2010フェスティバロ夏のギフト
2010.06.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://festivalo.blog15.fc2.com/tb.php/150-2d01e63b
現在の閲覧者数: