FC2ブログ

こんばんは、
フェスティバロみなみ風通販部の庄司さやかです。

「ラブリーヌーヴォー2010」スタートまで
残り1週間となりました!

そこで8月21日、
ラブリーヌーヴォーの原料となる「コガネセンガン」を
栽培しているフェスティバロ松下農場へ
農園部の竹内さん、デザイナーの西和田さんの3人で
様子を見に行ってきました!

薩摩富士と呼ばれる開聞岳の麓、
指宿市・山川町に松下農場があります。

ここは300年前に唐芋が伝来したゆかりの地といわれます。

この日は松下家の長男・寛和さんを中心に、
お母さんの芳子さん、寛和さんの奥様・渚さんで
収穫がおこなわれており、
竹内さんもさっそく収穫作業をお手伝いしました。

今年結婚した寛和さんと渚さん。

そんな新婚ホヤホヤの2人が育てた「コガネセンガン」が
しっかりと実りました。


松下家に嫁ぎ、
唐芋と触れ合う機会が多くなったと渚さん。

「唐芋の栽培は、幼稚園以来。
 自分で苗植えをして、今日まで育ててきた唐芋が収穫されて、
 とても嬉しい!
 結婚してから、唐芋を食べる機会が増えました。」

と、にこやかにお話しくださいました。

その一方で、
今年は今までにない異常気象で、
とにかく栽培には手がかかったという寛和さん。

「今年は雨の日が多かったため、
 思うように作業をすることができない日もありました。
 ですが、そんな中でも唐芋が元気に育つようにと、
 天候や土壌の変化などをいち早く察知し、すばやく対応しました。」

この日収穫された唐芋は、
新鮮なまま、すぐに袋詰めされて貯蔵庫へ。


そして、大型トラックでフェスティバロへと運ばれます。

作業が終わったあとは、
花束贈呈が行われ、
みんなで記念撮影をしました。


掘りたて・新鮮な「コガネセンガン」で作る
「ラブリーヌーヴォー2010」

どうぞお早めにご予約くださいませ!



\先行予約承り中/
「ラブリーヌーヴォー2010」ご予約はこちら
>> http://www.festivalo.co.jp/shopping/index-nouveau.html

2010.08.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://festivalo.blog15.fc2.com/tb.php/245-d246536d
現在の閲覧者数: