FC2ブログ

こんばんは、
フェスティバロみなみ風通販部の庄司さやかです。

8月24日はラブリーヌーヴォーを作る
ペースト工場が創業開始しました。
この日に合わせて、
指宿市・山川町より松下豊和さんが来社されました。

松下豊和さんは、
先日ご紹介いたしました寛和さんのお父様で、
フェスティバロは松下豊和さんとの出会いから、
カラフルな唐芋ケーキの創作をはじめることになりました。

それでは、さっそくお話しを伺ってみます。

庄  司「松下さん、こんにちは。
     まもなく9月1日より『ラブリーヌーヴォー』が
     スタートします。
     今年も、松下さんの育てた『コガネセンガン』で
     作りますが、今年の『コガネセンガン』はいかがでしょうか?」

松下さん「今年は雨が多くて、
      いつもの『コガネセンガン』になるのに苦労しました。」

庄  司「栽培をする中で、
      松下さんが特にこだわっているのは
      どのようなところでしょうか?」

松下さん「全部こだわっていますよ!
     土作りのタイミングも、植え付けのタイミングも、
     唐芋栽培はとにかくこだわり尽くさないと、
     立派な唐芋にならないのです!
     そして、私の農場がある指宿市・山川町は、
     300年前に唐芋が伝来した発祥の地。
     唐芋栽培に適した最高の地で栽培された
     『コガネセンガン』ですから、これ以上のものはないですよ!」

庄  司「こだわりつくした『コガネセンガン』ですか・・
     『ラブリーヌーヴォー』が楽しみですね!
     現在は、長男の寛和さんが東京からUターンされて
     唐芋栽培を手伝っておられますが、
     何か変わったことはありますか?」

松下さん「寛和はマニアックでね・・。
     東京では大学生活の傍ら、バンド活動もしていたから、
     唐芋栽培のセンスも少し違いますよ。
     昔と違って今はインターネットの時代ですから、
     知りたいことはすぐに調べることが出来ますからね。
     肥料の配合とか、私では思いつかないことを
     やってみたりするんですけど、それが良いんだよね!」

庄  司「なるほど。
     それでは最後に、唐芋のこれからの可能性を聞かせてください。」

松下さん「まず、フェスティバロの唐芋レアケーキ『ラブリー』は、
     世界中どこに持っていっても驚かれるケーキだと思います。
     ですから、私は将来パリやロンドン、 ベルリンなどにも、
     『ラブリー』をひろめて欲しいと思っています。」

庄  司「私もフェスティバロによく来られる取引先の方から、
     トリコロールのパッケージで、フランス仕様のラブリーを
     作って欲しい!とお話しを聞いたばかりです。
     これからは海外進出を目指していきたいですね!」

松下さん「カナダにも支店を出せたらいいなァ。
     その時の店長は庄司さんに!」

庄  司「了解しました!
     では皆さま、カナダ進出をお楽しみに~☆」
2010.08.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://festivalo.blog15.fc2.com/tb.php/247-63cdef2c
現在の閲覧者数: