FC2ブログ

10月2日、3日は、
九州大学大学院農学研究院の
堀田和彦准教授率いる30名の方々が
フェスティバロを訪れました。

この方々は3ヶ月間かけて地域のブランド作りや
経営手法などを学ぶセミナーに参加されている方々です。

フェスティバロを訪れた初日は
120品種の唐芋が植えられている「みなみ風」本社農場や
唐芋のペースト工場で皮むき作業を体験されました。

また、その夜は堀田教授の招待で
フェスティバロの社長や社員たちも参加した懇談会が開かれ、
鹿児島でお馴染みの唐芋焼酎を堪能しながら、
唐芋ケーキやフェスティバロのオリジナルCDを
獲得できるじゃんけん大会やカラオケ大会も行われ、
会場は大盛りあがりしました。

そして、あくる日は「みなみ風」リゾート農場の
ハーブ苑で草取り作業などの体験をされた後、
美しい風景の中にある「みなみ風」風景農場で
唐芋の収穫作業を行いました。

地元テレビ局の方々もこの様子を取材に来られました。

20101003.唐芋収穫

「みなみ風」風景農場では、
「太白」や「ハヤトイモ」、「紅はるか」などの
珍しい唐芋が栽培されているため、
収穫がスタートすると、いっせいに掘り起こされていきました。

20101003.唐芋収穫

 「唐芋がこんなに種類があるなんて知らなかった!」

 「家に帰ったらスイートポテトをつくりたい!」

皆さま大満足のご様子で
収穫を楽しんでいらっしゃるご様子でした。

そして、「ラブリ~」の掛け声とともに記念撮影が行われました。


2010.10.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://festivalo.blog15.fc2.com/tb.php/280-eb65ee9b
現在の閲覧者数: