FC2ブログ

みなさま、こんばんは。
フェスティバロ営業企画の宿利原 恵です。

11月21日は、第53回唐芋ロンドが開かれました。

  ■唐芋ロンドについてのご紹介はこちら
   >> 
http://www.festivalo.co.jp/npo-karaimo/rondo/index.html

いつもは、鹿児島市の唐芋ワールドで行っているのですが、
今回は今までと違う本格的な調理となるため、
会場を近くの「マルヤガーデンズ」地下1階の調理室で行いました。

今回は、鹿児島大学稲盛アカデミー講師の
八幡正則先生による『 生芋甘酒 』と、
鹿児島女子短期第大学の
名誉教授・福司山エツ子先生による『 唐芋の天ぷら 』に
チャレンジしました。

八幡先生によると、
「甘酒」は炊飯器で生芋甘酒を作るのだとか!

ご参加いただいた皆さまからも、
早速家庭で作るため、
材料などを熱心に質問されていました。

甘酒紫生芋甘酒2 
▲八幡先生による生芋甘酒の講習風景と完成した「生芋甘酒」


そして、福司山先生からは、
おいしい「唐芋の天ぷら」の作り方を教えて頂きました。
 
揚げた唐芋に、
シナモンや黒糖、抹茶塩などで
食べるアレンジ法を披露して下さり、
天ぷらもスティック状に切られているので、
手軽に食べられるおやつにピッタリです!

唐芋の天ぷら1唐芋の天ぷら2 
▲唐芋の天ぷら調理風景と完成した「唐芋の天ぷら」

今後も、この唐芋ロンドを通じて、
唐芋料理のレパートリーがますます増えていくことでしょう!

今までの蒸したり、
焼き芋にして食べるだけだった一般的な食べ方から、
唐芋を使った家庭料理がどんどん発展していくようで、
私もとても嬉しく思います!

それでは、今回のレシピをご紹介いたします!

【 生芋甘酒 】

・準備するもの
 1.電気炊飯器
 2.料理用温度計

・材料 (1升炊 炊飯器の場合)
 1.米麹  500g(市販500gのもの)
 2.米   750g(5合)
 3.ぬるま湯 1300ccぐらい
 4.いも粉  100g(市販で100gのもの)

・作り方
 1.炊飯器に5号のお米をやわらかめに炊く。 (水を1.1倍~1.2倍入れます)
  炊きあがったら混ぜてあら熱をとり少し冷やす。(70℃以下)
 
 2.ぬるま湯に、米麹500gをほぐして炊飯器に入れて、ごはんとよく混ぜ合わせます。

 3.いも粉も炊飯器に入れてよく混ぜます。
  ※炊飯器の8合目くらいの分量が混ぜ合わせやすい。
  ※このときの適温は53℃~57℃。 混ぜた直後は50℃くらいに下がっても大丈夫です。

 4.炊飯器のスイッチを「保温」にして温度が上がりすぎないようにスイッチを
  入れたり切ったりしながら、5時間30分~1時間おきによくかき混ぜます。

 5.出来上がった甘酒は、
  ミキサーですりつぶすとなめらかでおいしいです。
  冷蔵庫で保管すると2週間程度お召し上がりいただけます。

【 唐芋の天ぷら 】

・材料(4~5人分)
 1.唐芋  500g
 2.小麦粉 100g(唐芋の20%)
 3.卵   1個
 4.冷水  100ml

・作り方
 1.唐芋は7~8mmの輪切りにし、水に10分さらしてアクを抜く。
 2.衣を作る。小麦粉はふるう。
  冷水に卵をよく溶かし、小麦粉に混ぜる。はしで軽く混ぜる。
 3.唐芋の水気を拭いて、衣をかるくつける。
 4.160℃の低温で揚げる。

・食べ方
 1.シナモン+黒砂糖→甘くて、おやつ感覚で食べられます。
 2.抹茶塩→以外な組み合わせですが、唐芋と塩がよく合っています。

皆さまもぜひお試しくださいませ♪



2010.11.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://festivalo.blog15.fc2.com/tb.php/319-58032464
現在の閲覧者数: