FC2ブログ

こんばんは、
フェスティバロみなみ風通販部の庄司さやかです。

3月11日の東日本大震災から20日が
過ぎようとしています。

今でもテレビや新聞などで流れる
被災地の様子を見るたびに心が苦しくなります。

震災直後は目の前の出来事に驚きとショックをかくせず、
テレビの前でただ涙を流すことしかできませんでした。

日頃からフェスティバロみなみ風通販部を
ご利用くださっているお客様のなかにも、
東北や北海道、関東地方の方がたくさんいらっしゃいます。

そんななかで、私達にも被災地の方々に何かしたい・・という想いがあり、
なんとか皆さまに元気を与えられるようなことができないか、
スタッフ全員で打ち合わせていくなかで、
先日、ようやくその願いを形にすることができました。

私達の直営「みなみ風」リゾート農場で
今がいちばん美味しい時期を迎える「ツワ」や「タラの芽」を
鹿児島市の唐芋ワールドでチャリティ商品として販売し、
その売上金を全て義援金として寄付する・・という取り組みが
実行されることになったのです。

この取り組みが社長から発表された翌日、
さっそく本社事務所のスタッフ15名が集まり、
3時間かけて収穫とパック詰めを行いました。

ほとんどのスタッフが初めて収穫を体験するなか、
予定よりも時間はかかりましたが、
みんな美味しい「ツワ」を採るため、
必死に手探りしたり、
山の奥のほうまで見にいったりして、
出来る限り多くの「ツワ」を集めました。

そして収穫された「ツワ」を、
1本1本皮をむき、
パック詰めして手作りの帯をかけました。

また、「河内晩柑」も木登りをして収穫。
地面に実が落ちてしまわないように、
高い枝にある実まで1つ残らず手を伸ばして
商品に仕上げました。

慣れない作業のなか、
自分達の手で収穫した作物は、
新鮮さはもちろん、
私達の愛情もたっぷりと込められています。

この作物をそのままお届けしたいとも思ったのですが、
ライフラインや配送ルートのことを考え、
ここ地元で支援をしていただいた方への
御礼に差し上げることが一番よい方法になると思いました。

唐芋ワールドでの街頭販売はとても好評で、
ただいま第2回目の収穫も計画されております。

また、野菜用の唐芋「唐菜(からな)」を、
被災地へ届けるための準備もはじまっています。
 >> http://www.festivalo.co.jp/story/pray.html

私達の取り組みが、
1人でも多くの人の支えになれますよう、
心から強く願っています。

がんばれ日本!
私達は大隅半島から精一杯の愛をおくりつづけます。

■収穫の様子や街頭販売の様子を紹介しております。
 >> http://www.festivalo.co.jp/story/pray.html




2011.03.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://festivalo.blog15.fc2.com/tb.php/359-15bf1a4f
現在の閲覧者数: