FC2ブログ

こんばんは、
フェスティバロ営業企画の蒲原はるかです。

フェスティバロが
神戸市のポートアイランドに建設していた
「神戸菓舎」が完成し、4月20日、
そのお披露目とともに祝賀会が開かれました。

神戸菓舎は最新鋭の製造ラインとともに、
営業などの支社機能を整えることにしており、
当初は和風菓「焼からいも」などの製造と販路開発を進めます。

製造ラインのお披露目は、
50名程度のご参加を予想しての
準備を整えておりましたが、
当日は130名以上のご参加をいただき、
わずか2時間で全員をご案内するという
パニックとなりました。

またポートピアホテルで開催された祝賀会も
予想の2倍を超える150名あまりのご参加をいただき、
会場いっぱいの盛況となりました。

祝賀会


祝賀会ではまず郷原社長が

『 みなさまの永年のご指導お力添えのおかげさまで、
  今回、神戸に新しい拠点を構えることができました。
  これから新時代をきり開くべく精一杯努力いたしますので、
  みなさまのお力添えを心よりお願い申し上げます 』

と感謝のあいさつをいたしました。

その後、今回「神戸菓舎」の建設に
携わっていただきました
㈱東条設計や㈱大本組などに
感謝状と記念品を贈呈しました。

また、来賓祝事として
鹿児島国際大学の瀬地山敏学長が登壇され、

『 フェスティバロは地域に深く根をおろしながら、
  日本全国はもとより世界につながってゆく方向をめざし、
  独特の成果をあげてきている。
  これから神戸に新しい拠点をもつことで、
  さらにその夢がより具体化してゆくことになるだろう 』

と励まして下さいました。

JALUXの横尾昭信社長の乾杯の音頭で祝宴がはじまり、
フェスティバロ「花組」が登場してのクジ引き大会など、
たいへん和やかな雰囲気でした。

実は、この神戸菓舎のおひろめと祝賀会の裏方として、
私もスタッフの一人として鹿児島から神戸に出かけて
3日間滞在し、朝早くから夜おそくまで走りまわりました。

仕事は大変忙しかったのですが、フェスティバロの新しい歴史の
第一歩に微力ながらも参加できるチャンスに恵まれ、
感無量でした。





2011.04.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://festivalo.blog15.fc2.com/tb.php/364-8405baae
現在の閲覧者数: