FC2ブログ

皆さま、こんにちは!神戸菓舎の松下友美です。

七つの紫芋で創作した唐芋レアケーキ、初登場!

神戸菓舎が稼働してから初めて開発された、記念すべき第1弾商品「なな紫」。
阪急うめだ本店の和風菓からいもで、ついに販売開始しました!
なな紫
なな紫」は、直営農場で採れた7品種の紫芋をブレンドしてできた
ご覧の通り、とても色鮮やかなお菓子。
2層になっており、下の層には唐芋のダイスも混ぜ込んでいる手の込んだ逸品です。
私も開発の時点から関わった商品なので、とても思い入れがあります。
発売日に店舗で販売したときに、お客様から
「紫芋だけで7品種もあるの!?」「色が鮮やかできれいね」
などのお声をたくさんいただき、とても嬉しかったです。
毎日数量限定で販売しており、夕方には完売しています。

神戸菓舎は毎日の製造以外にも、新商品の開発や、
お客様からの別注で大忙しです。
新商品を作るときは、安定した味や形になるまで、
工場のラインで何度もやり直します。
「なな紫」の初回の製造の日も、満足いく商品ができるまで何度もやり直し、
工場の方がヘトヘトになるほど時間がかかりました。
かなりギリギリまで時間をかけましたので、
初日の販売分は工場の方の自家用車で店舗まで運ぶほど。
新しい商品ができるまでというのは、さまざまな過程を踏み、さまざまな方が関わって、
やっと店舗に並ぶということを、身をもって知った貴重な経験でした。

なな紫」は、阪急うめだ本店で10月4日までの期間限定販売です!


秋真っ盛り!唐芋の季節!

9月に入り、店舗のディスプレイも一斉に秋色になっています。
私も関西の店舗を回る度に、思わずワクワクしてしまいます。

そして、秋といえばなんといっても唐芋の季節!!
直営農場でもいい唐芋がたくさん採れていると聞いていますので、
それが神戸菓舎に届いて次々と商品になっていくのが楽しみです。
現在和風菓からいもで販売している人気の焼からいも「太白」も、
今年採れたての新芋を使ったものが販売され始めたばかり。
太白は150年前から日本にある古来品種の唐芋なのですが、
それを新芋で食べるというのは、新しいけれど昔を感じているようで、
なんだか不思議な気持ちになります。
お客様にも、商品を通じてそういった気持ちになっていただければ嬉しいです。

この焼きからいも「太白」も、数量限定の商品ですので、是非お早めに。

オープンからはじめての秋を迎えた和風菓からいも!
収穫祭ムード漂う活気ある店舗へ、皆さまぜひお立ちよりくださいませ。

阪急うめだ本店 和風菓からいもはこちら
>>http://www.festivalo.co.jp/tenpo/umeda-hankyu.html
2011.09.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://festivalo.blog15.fc2.com/tb.php/425-fda18b54
現在の閲覧者数: