FC2ブログ


こんにちは、「みなみ風」通販部研修生の吉元美紀子です。

現在、「みなみ風」通販部、鹿児島県内一部店舗では、夏季限定・唐芋レアケーキ「夏マンゴー」を販売して、大好評となっていますが、
その「夏マンゴー」について、フェスティバロ・からいもコンフェクショナリーの郷原拓東支社長よりこんなエピソードをいただきました!


~郷原支社長からのエピソード~

夏マンゴーは販売して6年目になります。
毎年御好評を頂いているようで、いよいよ製造にもはいり、工場の中も盛り上がっています。この時期に工場にはマンゴーピューレが入ってくるのですが、このマンゴーピューレがおいしい!あまりにも美味しくて飲んでしまった。っていう人がいるくらい、そのまま飲んでも美味しいんです!・・・困った話ですが・・・でもそのくらい美味しいんです!!
この美味しさに迫るために、神戸まで行ってまいりました。

                    ★

夏マンゴーに入っているマンゴーピューレは、フランスからの輸入品で日本では日仏商事という貿易商が取り扱っています。流石は貿易の街、神戸と思いながら日仏商事の玄関を開くとびっくり。なんと!!日仏商事の社長、筒井 淳社長が自ら出迎えて下さったんです。感謝。感激!そうしてマンゴーピューレについて、社長自ら語って下さいました。

筒井社長:「マンゴーピューレは、フランスのボワロン社から輸入しています。ボワロン社とは30年くらいの付き合いになります。日本では日仏商事だけが取り扱っています。ボワロン社は、ヴァランスという地方にあります。フランスの中でも果物が有名な場所なんです。そこで出来るフルーツを冷凍フルーツにして、今ではフランスの業界№1になっている企業です。今の社長はアラン・ボワロン氏という方ですが、冷凍フルーツを御父さんの時代から始めたようですね。」

郷原支社長:「なるほど!!」

筒井社長:「果物の一番美味しい産地から原料は買い付けているようです。ボワロン社の仕入れ基準は厳しく、仕入基準に満たないものは受け入れないようですね。」

郷原支社長:「そうですか。しかし、海を渡ってきたフルーツ等々は受け入れてもらえなかったら農家は大変ですね。」

筒井社長:「そうですね。そのために、社長のアラン・ボワロン氏自ら世界中を飛び回って仕入れする原料を見定めているようですよ。そのときにボワロン社の規格基準を話すようです。とにかく一番美味しい時期に、一番美味しい場所から果物を調達する。という事で世界中から美味しいフルーツを集めている会社なんですね。」

郷原支社長:「そうですか。あれだけ美味しいと説得力が違いますね。」

筒井社長:「フルーツピューレは1990年代くらいから始まりました。そこからボワロン社は、日本で一気に有名になったんです。缶詰や瓶詰に比べて、冷凍のフルーツピューレは糖度が低く鮮度が高い。ましてフルーツの原料が良いからその味は、ストレートに出てくるのです。ただ、ボワロン社の商品は高いですからね。コスト削減を命題にしている会社では受け入れてもらえませんでした。ボワロン社が使う商品と他の国から輸入してくる商品では、物が違うんですよ。だからこそ、こだわりを持ったお菓子屋さんに受け入れてもらったんですよ。」

筒井社長:「マンゴーはインドの物を使っているようです。なぜインドなのか?はじめは私たちも分からなかったのですがね、ボワロン社はインドのアルフォンソという品種のマンゴーをピューレにしたんです。」

郷原支社長:「マンゴーはペリカンマンゴー、アップルマンゴー、アルフォンソマンゴーが有名ですよね。なぜ、アルフォンソだったんでしょうね?」

筒井社長:「それは、アラン・ボワロン氏に聞いてみないと分からないですね。(笑)ただ、そのころアルフォンソマンゴーの存在は世界のほとんどの人が知らなかったんですよ。ボワロン社がアルフォンソマンゴーをピューレにしてからですかね。一気にその名が世界中に伝わった気がします。現在、このアルフォンソマンゴーは”マンゴーの王様”と呼ばれて、世界中の人々に愛されています。」

郷原支社長:「数あるマンゴーの中から、アルフォンソを選び出し、インド地方を選定してピューレにしていったボワロン社のアラン・ボワロンという方の目利きは凄いんでしょうね。お忙しい中、時間を作ってくださりありがとうございました。」



夏マンゴーのマンゴーピューレは、実はアルフォンスマンゴーの存在を世に知らしめたほど、画期的なピューレだったのです!
世界を席巻したボワロン社のマンゴーピューレをふんだんに使った、フェスティバロ夏限定のトロピカルテイスト!いよいよ本日、大丸各店舗・鹿児島空港でも販売を開始いたしました!
皆さまのご来店を夏マンゴーと夏の太陽のようにまぶしい笑顔のスタッフがお待ちいたしております☆



2012.07.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://festivalo.blog15.fc2.com/tb.php/474-93c099a2
現在の閲覧者数: