FC2ブログ


こんにちは!営業部の大村春奈です。

これから、和風菓「からいも」本店について
シリーズでご紹介します☆

本日はまず、
和風菓「からいも」本店がどんなお店なのかをご紹介いたします!

このお店は、フェスティバロが初めて
唐芋の和菓子を作って販売するお店です。

もちろん、原料は美しい大隅半島の「みなみ風」農場で
自然栽培した唐芋です。
150種類に及ぶ多種多彩な唐芋のそれぞれの特徴を生かして、
和菓子に活用いたします。

さらに、今までの和菓子の真似をするのではなく、
新しい和菓子作りにチャレンジしました。

そのために、スイーツの街、
神戸のポートアイランドに昨年春、工場を建設しました。

ご承知の通り、神戸は幕末以来、
国際港として、世界中の一流品が陸上げされる場所です。

お菓子についても、
世界中から素材・技術・情報などが
時代とともに絶え間なく入ってきます。

フェスティバロでは、
直営農場の唐芋と神戸に入ってくる
世界のお菓子文化を融合させて、
新しい和菓子作りを目指してきました。

このオープンしたばかりの和風菓「からいも」本店は、
直営農場の唐芋を生かし、
神戸菓舎が創作した新しい和菓子の全てが
勢ぞろいしています。

これらの和菓子は、
ここでしか手に入らないものがほとんどです。

また、この新しい和菓子販売するのにふさわしい店舗として、
鹿児島の伝統的な古商家を再現しました。

大きな古い柱などをがっちりと組み立てた内装で、
懐かしい雰囲気をかもしだしています。

外に向かって150個の提灯が並び、
京都の職人が手染めした
のれんなど文化財的な情緒も揃えてあります。

DSCN2283_convert_20120718132640.jpg




2012.07.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://festivalo.blog15.fc2.com/tb.php/488-10452a0a
現在の閲覧者数: