FC2ブログ

ここ、東京スカイツリーは、申しまでもなく、今、日本で最も旬な場所であり、全国からたくさんの観光客が来られます。お土産、お菓子も、全国の様々なものが販売されていますが、私たちのお店にお立ち寄りになられますと、皆さん、「こんなお菓子は初めて。」「珍しくてお土産に良いですね。」等と喜んでくださいます。

 江戸の時代より、唐芋菓子はありましたが、フェスティバロは今までに例のない、独特の洋風ケーキの創作を目指してきました。このケーキの素材を確保するため、南九州は大隅半島の『みなみ風』農場で150品種の唐芋を自然栽培しています。この多種多彩な唐芋たちの良さをそれぞれに生かすことで、様々な風味、彩り豊かなオリジナルケーキが作り出されます。

 そして、さらにレベルの高いケーキ作りをめざし、フェスティバロは2010年、スイーツの街・神戸に、新しい製菓工場を建設しました。「神戸菓舎」です。神戸の豊かなスイーツの文化、情報、技術、そして国際港に陸揚げされる世界の食材を生かして、新しいケーキを研究、創造し続けています。

 東京スカイツリーで販売されている唐芋レアケーキ『大江戸一番・おいらん』『隅田川名物・芋舟』も、このような環境の中で作り出されました。唐芋本来の価値を生かして、無添加で作り出す「からだに良くて美味しい」、自然のまんまの優しいお菓子です。

 赤ちゃんや小さなお子様、ご年配の方々まで、また男性女性を問わず、誰にも愛される、フェスティバロのお菓子は、「誰もが笑顔になる不思議なお菓子」です。

2012.09.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://festivalo.blog15.fc2.com/tb.php/549-4ff00ff7
現在の閲覧者数: