FC2ブログ

こんにちは、天文館フェスティバロから、
嘉村舞(カムラ・マイ)がお届けする第3回目は、
いま話題の唐芋レアケーキ『ラブリー・ヌーヴォー』についてご紹介致します。
10月1日に解禁になったばかり、年に一度のプレミアム商品です!!

私たちの唐芋ケーキ作りの新年は、
まさにこの秋の『唐芋』の収穫シーズンです。

そして、掘りたて・一番で作った『ラブリー』が、
『ラブリー・ヌーヴォー』なのです。

ラブリー・ヌーヴォー


私たちは、『新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。』
という思いをこめて、
初もののラブリーをお客様にお届けいたします。

さて、『ラブリー・ヌーヴォー』は、
普通のラブリーとどこが違うのでしょうか。
 
そもそも“ヌーヴォー”とは、“新しい”という意味です。

『ラブリー・ヌーヴォー』とは、
今年収穫したばかりの唐芋『コガネセンガン』を使用し作った、
新芋ラブリーです。

これだけでなく、もっっとこだわりがあります。

それは、素材の『土地・農家』を限定しているのです!!

鹿児島県薩摩半島の最南端『指宿市・山川』の土地は、
今から300年前、唐芋が伝承した土地。
ここは開聞岳の火山活動でできた特殊な土地で、
水はけが良く、唐芋が育つためには、ぴったりの土地なのです。

この地域にラブリーヌーヴォーの素材を栽培する
みなみ風「松下農場」があります。

栽培を手がけて下さっているのは、
松下寛和さん・渚さんのご夫妻。

松下夫妻

松下農場の娘でもあり、
私の上司でもある、あの厳しい松下佳代リーダーからは、、、
『今年の唐芋は10年に1度の出来だよ!!!!!』と、
前のめりで伝えてくるほど、
その出来栄えの良さが伝わってきました!

そんな松下リーダーのお兄さんご夫妻が作った
愛情一杯の『ラブリー・ヌーヴォー』です。

今年と同じ『ラブリー・ヌーヴォー』は2度と味わえません!
その年、その年の気候・温度によって変化する繊細なヌーヴォー!
自信を持って皆様にお届け致したく、フェスティバロが全力を尽くしました!

10月1日の解禁日には、
『ラブリー・ヌーヴォー』100個を配布いたしましたが、
次の企画はなんと!!!
10月6・7・8日の3連休に、
『ラブリー・ヌーヴォー』をお買い上げ頂きましたお客様全員に、
唐芋『コガネセンガン』をプレゼント致します!!


鮟・≡蜊・イォ_convert_20120930175351


皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ち致しております!


■天文館フェスティバロはこちら
 >> http://www.festivalo.co.jp/tenpo/karaimoworld.html

■唐芋レアケーキ「ラブリー・ヌーヴォー」はこちら
 >> http://www.festivalo.co.jp/shopping/2012lovely_nou.html



2012.10.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://festivalo.blog15.fc2.com/tb.php/582-dda65c2f
現在の閲覧者数: