FC2ブログ

 3月中旬、エスペランサ4号は東日本の災害地に、生活支援物資を届けました。その際に、多くの皆様が、野菜や衣類などをお寄せ下さいました。
 昨日、その皆様をフェスティバロ本店にお招きして、被災者の方々にお届けしたことを報告する茶話会を開きました。
 
今回、キャプテンとしてエスペランサ4号に乗り込んだフェスティバロ業務課長の星原美由紀さんが、御礼の挨拶とともに現地の様子を報告しました。
 
「みなさまからお預かりした数々の物資を、無事に石巻市の仮設住宅の方々に届けました。エスペランサ4号の到着を250人ほどの方が並んで待って下さったのを目にした瞬間、胸が熱いものでいっぱいになりました。また荷を下ろしたり配布するために、30人ほどのボランティアの皆さんもかけつけてくださいました。
 
被災者の方々が明るくお元気なことに、私は圧倒され、逆に元気をもらう気持ちになりました。みなさん、とても喜んでくださり、人の絆の大切さを実感しました。こんな体験ができたのも、支援物資をお寄せ下さいました皆様のおかげです。」

ご参加下さった方々は、「何か支援活動をしたいと願いながらも、なかなかその方法が分からず悩んでいた時、エスペランサ号のことを知って、これだ!と思ったのよ。わざわざでかけて、被災者の人たちに手渡ししてもらえたことが分かり、今日はとてもうれしいです」と労ってくださいました。
 
コピー ~ CIMG1252


 茶話会では、たくさんのお茶を提供してくださった茶農家の方が、「美味しいお茶の入れ方」などをお話されたり、また、韓国から参加された方の鹿児島言葉のエピソードを聞いたり、とても和やかな温かい雰囲気になりました。
 エスペランサ4号によって、地元にもこんな人の絆が広がっていくことに、またうれしい気持ちがこみ上げてきまた。

コピー ~ CIMG1265
2013.03.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://festivalo.blog15.fc2.com/tb.php/764-d0a741c2
現在の閲覧者数: