FC2ブログ

こんばんは。
フェスティバロ広報の津崎多寄です☆

11月22日(日)、福岡にて「福岡の歌」ヴォーカルオーディションが行われました。


IMG_2364_convert_20091123201344.jpg
オーディションに参加した人々と審査員たち


これはフェスティバロオリジナルCD「福岡の歌」を制作するもので、アジアの玄関である福岡の歌をつくろうと5年前から取り組んでいる文化事業です。
作詞はフェスティバロ社長・郷原茂樹が行い、楽曲は一般公募しました。
500曲ほどの応募の中から次の5曲が決定し、作曲家の湯川徹先生によるアレンジ(編曲)作業などがすすめられました。

・天神よ、いつまでも
・福岡とつぶやけば
・アジアンフェスティバル
・柳川慕情a
・柳川慕情b


そして今年、福岡空港にフェスティバロ専門店を出店したことや、いよいよ福岡─鹿児島間の新幹線開通も迫ったことから、「福岡の歌」のヴォーカルの一般公募を実施。1曲につき1名ずつの計5名の歌手を募集しました。
朝日新聞のご協力もあり、全国から多くの応募があり、厳正なるデモテープ審査の結果、6名を決定。CDデビューに意欲を燃やす方々が2次審査にのぞむことになりました。

この企画制作は福岡の溝上ミュージックスクールとのパートナーシップによる共催という形になり、オーディションも同スクールで開かれました。
溝上美帆校長ほか、スタッフのみなさまが会場を設営、進行して下さり、東京から今回のCDのプロデューサーでもある湯川徹先生もかけつけ、公開オーディション形式で開催されました。


IMG_2330_convert_20091123164955.jpg
たくさんの見学者も集まった前で、演歌「柳川慕情a」を熱唱する九州大学卒の永田さん



IMG_2305_convert_20091123165446.jpg
宮崎から参加されたメキシコ出身のジェリー・アルダマさん。
ディスコの調べにのってノリノリの歌で会場を湧かせました



審査結果は近日中に決定し、来年初めにCDが完成します。
「福岡の歌」情報はこれからも随時発信してまいりますので、どうぞご期待下さい!


2009.11.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://festivalo.blog15.fc2.com/tb.php/8-0eab03f5
現在の閲覧者数: