FC2ブログ

こんばんは、
フェスティバロみなみ風通販部の庄司さやかです。
いつもフェスティバロの微笑みをご覧いただきまして、ありがとうございます。

鹿児島空港のJALUXブルースカイで、
唐芋レアケーキ「ラブリー」は毎日、売上トップの状態がもう16年も続いています。
この売店に堀ノ内さんが入社して13年…
「ラブリー」とともに歩んできた堀ノ内チーフの大活躍ぶりを聞いてみました。

 22.05.26堀ノ内チーフ
 いつも元気いっぱいな掘ノ内チーフ

ラブリーは 『誰もが笑顔になる不思議なケーキ』 とか
『永遠の恋人』 とか言われていますが、
どうしてこんなにブームが続いているのでしょうか?


 〈 堀ノ内チーフ 〉
  何といっても、ご試食をさしあげると、『おいしい!』という笑顔になられます。
  やっぱりラブリーは美味しいのが何よりもの力だと思います。
  少しでも多くの人達にこの『ラブリー』を知ってもらいたい。
  そのためには、目の前を歩いているお客さまに、
  振り向いてもらえるように、まず『呼び込み』をすることが大切ですね。

  少し大げさになるぐらい元気よく呼び込むと、
  『あそこはなに?』と興味を持ってくださいます。

  鹿児島弁で言ってみることもありますね(笑)

  
ラブリーはスチュワーデスに大人気といわれますが、
そのことを実感したことがありますか?


 〈 堀ノ内チーフ 〉
  私の入社以来、スチュワーデスさんがよく来られるので、
  ラブリーを買わないスチュワーデスさんは、にせ者ではないかと思いました(笑)

  以前、お客さまがスチュワーデスさんに『お土産なにがいいですか?』と聞くと、
  『ラブリーがおいしいですよ』と教えてくれたとのことで、
  フェスティバロに来店されるなど、PRまで一役買って下さっています。
  
  あとは、スチュワーデスさんのご家族の方にも人気があります。
  『うちの娘スチュワーデスやってるから…いつも紹介してるわよ』みたいな感じですね。
  
  最近でも、スチュワーデスさんはよく来られます。
  たまに限定商品なども販売しているので、のぞきに来られますよ。 


堀ノ内さんの『頑張り』は社内でもよく知られていますが、
今後の抱負を聞かせてください。


 〈 堀ノ内チーフ 〉
  『鹿児島と言えばフェスティバロ』というお客さまも、最近になり見かけるようになりましたが、
  まだまだ知らない人も多いです!
  試食配りや呼び込みなどの努力を積み重ねていくことが、私の役目ですね。

  フェスティバロのお菓子は本当に美味しいので、
  自信を持ってお客さまにオススメできます。
  
  やっぱりお客さまにも試食を食べて『美味しい!』って言ってもらってから、
  購入していただきたいですね。
  
  
  
  
 
2010.05.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://festivalo.blog15.fc2.com/tb.php/84-69ca800b
現在の閲覧者数: