FC2ブログ

こんにちは、
みなみ風通販部の庄司さやかです。

私庄司は、薩摩半島の最南端に位置する指宿市・山川町の
フェスティバロ松下農場にやってきました!

ここは、年に一度のプレミアムケーキ、
唐芋レアケーキ「ラブリー・ヌーヴォー」の原料となる
唐芋「黄金千貫」の産地です。

今年の「ラブリー・ヌーヴォー」解禁は、10月1日

「ラブリー・ヌーヴォー」は、
秋の掘りたて・新芋で創作する特別な「ラブリー」

一番の自慢は、その唐芋づくりにあります。
栽培する畑と人を限定し、最高の新芋を使って創作します。

実はここ山川は、
唐芋伝来300年の地として歴史ある土地。

思わず広大な景色にうっとりとしてしまう、薩摩富士「開聞岳」の麓にあります。

手に持つと、サラサラとして水はけのよい土、
「ボラ」と呼ばれる火山性土壌が特徴的で、この「ボラ」は、唐芋づくりに最適な土なのです。

そして、栽培を手掛けるのは、
唐芋農家として代々受け継がれる松下家の長男・松下寛和さん。

大学時代に東京で培ったセンスを生かし、
唐芋栽培に熱い思いを抱いて、取り組んでいらっしゃいます。

blog2_20130822180755a51.jpg
▲松下さんと娘の千歳ちゃん(2歳)

さっそく畑からヌーヴォーの原料となる
「黄金千貫」を掘り起こしてみると、色味・形ともに、キレイな唐芋が登場しました!

今年は水不足の影響が心配でしたが、
「やっぱりここで出来る黄金千貫は違う!」と、改めて感動した庄司。

松下さんによると、
この「黄金千貫」には、他の唐芋の何倍も手間をかけて
栽培しているのだそうです!

たっぷりと愛情を注いで栽培した結果、
今年も美味しい「黄金千貫」が実りました。

blog1.jpg
▲掘りたての黄金千貫を手にする庄司です。

収穫まであと1ヶ月。。

あと少しの間、土の中で熟成されて、
「ラブリー・ヌーヴォー」へと生まれ変わります。

全国の皆さま、いよいよ「ラブリー・ヌーヴォー」がやってきます!
ぜひ今年もご期待くださいませ☆

なお、みなみ風通販部では、ただいま先行予約を承り中です。

年にたった一度しか手に入らない「ラブリー・ヌーヴォー」

私庄司も、解禁にむけてパワーがみなぎってきました!
どうぞふるってご予約くださいませ。

◆◇ラブリー・ヌーヴォー ご予約はこちら ◆◇
  >> http://www.festivalo.co.jp/shopping/season.html


2013.08.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://festivalo.blog15.fc2.com/tb.php/915-42c3af02
現在の閲覧者数: