FC2ブログ

こんばんは、
フェスティバロみなみ風通販部の庄司さやかです。
いつも「フェスティバロの微笑み」をご覧いただきまして、ありがとうございます。

鹿児島市の天文館通りにある唐芋ワールドの4階、
『唐芋パビリオン』で解説員のお仕事をされている柳先生は、
鹿児島県農政部でずっと勤務され、最後は種子島の農業改良普及所長を勤められて、
鹿児島では唐芋については一番くわしいといわれています。
 

 22.05.29柳先生
 先日は、小学生の体験学習にお越しくださいました。


『唐芋パビリオン』は、唐芋の小さな資料館で、
地元の小学生や全国の観光客などがたくさん訪れております。

柳先生は、お話がとても上手で、豊富な唐芋情報を楽しく伝えて大変喜ばれています。
また、「みなみ風」農場の唐芋栽培指導も行っています。

それでは、お話しを伺ってみましょう。


【1】唐芋パビリオンは大人気ですが、どんなお客様が来ていらっしゃいますか?
      
   〈柳先生〉
   最近は短大生などもよく見学に来ています。
   小学生や中学生も、総合学習の一環で唐芋の勉強に訪れていますよ。
   記録して写真を撮り、学校で発表しているそうですので、
   こちらも気が抜けません!
   
   唐芋パビリオンを訪れてくる人は、
   子供から大人まで年齢もさまざまですが、
   どの方も非常に熱心で、本当に唐芋に興味がある方ばかりで嬉しいです。
   
   「唐芋はどこから入ってきたのか、どんな種類があるのか、
   どういう風にお菓子に利用しているのか」ということは、よく聞かれますね。

   また、定期的に行われている唐芋の交流会では、
   一般の消費者で家庭菜園などを持っている方や実際に唐芋を生産している方、
   唐芋を焼酎やお菓子に加工している業者の方や以前から芋作りの指導をしていた方など、
   驚くような方々も訪れていらっしゃいます。 


【2】フェスティバロの唐芋栽培指導をされていますが、美味しい唐芋ができる秘訣を教えてください。

   〈柳先生〉
   肥料の使い方なども大切ですが、
   私が一番自慢したいことは、いい苗を使って栽培していることです!
   キレイな唐芋ができるように、冬のうちにハウスで苗を育てて増やしていき、
   それを使って栽培しているからこそ、美味しい唐芋ができるのです。


【3】全国唯一の唐芋の資料館について、これからの夢をお聞かせ下さい。
   
   〈柳先生〉
   唐芋パビリオンは、皆さんが勉強に訪れる場です。
   夢はたくさんありますが…
   たとえば昔、加工用の唐芋を切って乾燥させ、粉にして団子にする機械がありました。
   そういった加工用の機械などを展示してみたいですね。

   また、焼酎をはじめ、今では唐芋を使った製品というのは
   鹿児島県だけでも約300種類もあるのですよ。
   
   もちろん私のオススメはフェスティバロの唐芋ケーキですが(笑)
   
   かりんとうやアメ、唐芋を使ったラーメンなど、いろんな製品も展示してみたいです。

   解説をする中で、そういった機械や製品があることは伝えておりますが、
   実物があると、より勉強になるではないかと思います。
   
   どちらかというと、唐芋はあまり良いイメージではありませんでした。
   ですので、唐芋の魅力をますます高めていくことが私の夢です。

   そのために、唐芋の交流会などもしているわけですから、
   今まで以上に力を入れていきたいですね。
   
   これから先は唐芋も品質が競争をする時代になると思います。
   良い品質の唐芋をいつまでも栽培していきたいです。
2010.05.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://festivalo.blog15.fc2.com/tb.php/92-372f0f92
現在の閲覧者数: