FC2ブログ

こんにちは、
みなみ風通販部の庄司です。

フェスティバロに、
神戸松蔭女子学院大学の生徒さん達11名が、
お越し下さいました。

バラ園など、大隅半島のさまざまな観光地を実際に体験し、
ツアープランを計画するためのものです。

まずは150品種の唐芋を栽培する「みなみ風」農場へご案内。

ここでは、唐芋博士の柳先生が説明を行い、
多種多彩な唐芋を、実際に手にとって説明しました。

黄金芋、紅芋、紫芋…
柳先生が唐芋をカットすると、その果肉の色をみて、
たちまち「うわぁ~」と歓声が―。

特に、普段はあまり見かけない「紅芋」や「紫芋」では、
その鮮やかな色あいに、「可愛い~、きれい!」と、
女子大生ならではのフレッシュな感想で、
和やかな時間がながれました。

農場で
▲150品種の唐芋畑で記念撮影

また、農場に隣接する製菓工場内の見学スペースでは、
「ラブリー」が完成するまでの創作エピソードや、
フェスティバロ神戸菓舎の郷原拓東マネージャーの
唐芋ケーキに対する想いを聞きました。

そして、ラブリー発祥の店・
フェスティバロ鹿屋本店にもご来店いただき、
ここでは、カフェスペースを使って、
唐芋レアケーキ「ラブリー」を使った
タルトやキャラメリゼ、唐菜ジュースの創作を体験。

持参されていたエプロンをつけて、
みんな楽しそうに創作する姿が印象的でした。

ブログ用創作
▲バーナーでこんがりと焼き目を。(キャラメリゼ)

そして、出来あがったケーキをお皿に盛りつけて、
いよいよ唐芋ケーキの試食会。

「みなみ風」農場産の摘みたて・青葉ハーブを使った
ハーブティの淹れ方も教わり、
ケーキとともにお楽しみいただきました。

テレビ局のカメラマンやリポーターの方も同行されており、
時折インタビューを受ける生徒さんも―。

『 普段、唐芋を食べる機会があまりないため、とても嬉しい! 』

と、喜んでくださっている感想を聞くことができて、
私庄司も嬉しかったです♪

神戸松蔭女子学院大学の皆さま、ありがとうございました!


ブログ用集合
▲鹿屋本店前で記念撮影




2013.09.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://festivalo.blog15.fc2.com/tb.php/933-6dc90ce5
現在の閲覧者数: