fc2ブログ

こんばんは。フェスティバロ営業・企画の蒲原はるか(かんばらはるか)です。
フェスティバロには、「みなみ風」農場で栽培した唐芋や、季節のフルーツ・ハーブを使った唐芋ケーキがたくさんあります。愛情込めて育て上げた素材を使うため、どの商品も開発段階から並々ならぬこだわりをもってつくっております。

今回から数回にわたり、私蒲原が「フェスティバロスイーツのひみつ」についてご案内してまいります。
記念すべき第1回は当社自慢の看板娘唐芋レアケーキ「ラブリー」について。
rare-cake-top.jpg
誰もが笑顔になるケーキ。そのなめらかな食感にと美味しさに、子供も大人も思わず微笑んでしまいます。
ラブリーの原料に使われているのは「黄金千貫(コガネセンガン)」という唐芋です。
この黄金千貫(コガネセンガン)は焼酎の原料とおなじ種類のお芋で、鹿児島ではひっぱりだこな品種です。
koganesengan.jpg
唐芋は読んで字のごとく、「唐」=「外国」(江戸時代の意味)からきたお芋。
世界中を旅して鹿児島にたどり着き、今ではかわいいお菓子に変身するまでになりました。
唐芋にはたくさんの種類がありますが、「黄金千貫(コガネセンガン)」は鹿児島で一番生産量の多い品種なんですよ。

真っ白なお芋でつくるラブリーは、とってもやさしい色。やさしいのは色だけではございません。
唐芋にふくまれる成分は、カラダにもお肌にも、やさしいのです。食物繊維が豊富なラブリーを食べると、
お通じがよくなってお腹すっきり!また、豊富に含まれるビタミンCは、コラーゲンの生成を助けてくれます。

ラブリー
の姉妹品たちには、今回ご紹介した「黄金千貫(コガネセンガン)」とは違った種類の唐芋が使われており、
それぞれ特徴のある成分を含んでいます。今後は、ラブリーの姉妹品のひみつについてもたっぷりお伝えします。

さて、今回お伝えしきれなかった「ラブリーのひみつ」は次回ご案内いたします!お楽しみに!

2010.06.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://festivalo.blog15.fc2.com/tb.php/95-9b4e537a
現在の閲覧者数: